« まもなく出るのか 充電スタンド | Main | これは何でしょう? 謎の施設 »

May 25, 2010

「予想外の使い道」に困った

Img_105_3340_001

今日は、「ウィーンのちょっと困ったお話」です。

たばこの吸い殻とともに、ウィーンの街頭で困るものが 「犬の糞」です。

こちらはついに罰金付きの条例が制定され、本格的な「取り締まり体制」が整備されました。しかし、思ったほど、成果が上がらないのか(実際、取り締まってはいないようです)、注意書きの看板がどんどん増えています。

ただ、当局も取り締まるだけではなく、糞の放置を防止するための対策を導入しています。これが、街角で見かける「処理用の袋」です。要するに、この袋に入れて処分してくださいという意味なのですね。日本では飼い主が袋を持って散歩をしていますが、このあたりは 愛犬家の多いウィーンらしいですね。

この袋ですが、写真のような「専用のディスペンサー」に入っており、街角の設置されています。

ところが、最近、この袋が「品切れ」になっている場所が出てきているそうです 。本来の使用目的で使われているのであれば問題ないのですが、なんとびっくり、想定外の事態になっている地域があるとか‥

Feriは実際に確かめたわけではないので、ウィーンに住んでいる方から聞いた 噂話」なのですが、実は食料品の保存などに便利なため、ご自宅にお持ち帰りになっている人がいると言うのです 。色が黒なので、イメージはよくありませんが、本来の目的での「使用前」であれば、使えないことはありません。

最近はオーストリアも景気が悪いですから、家計節約のためなのでしょうか。しかし、この想定外の使い道には、当局も頭が痛いようです。なお、地域によっては「転用」が少ないところもあるようで、地域性が結構出ているという話です。


※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_c_3240_1_2

街角の話題 |

« まもなく出るのか 充電スタンド | Main | これは何でしょう? 謎の施設 »

Comments

なるほどウィーンも世知辛い世なんですね・・・汗

Posted by: コウイチ | May 26, 2010 07:35

コウイチさま、コメント、ありがとうございます。

確かにそういう一面はありますね。

Posted by: Feri | May 26, 2010 07:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« まもなく出るのか 充電スタンド | Main | これは何でしょう? 謎の施設 »