« 「金の玉」復活なるか? | Main | 地下鉄の新しいピクトグラム »

May 16, 2010

ウィーンの移動式「交番」?

Img_105_3467_001

今日は「警察のお話」です。

ウィーンには、市内に警察署はありますが、いわゆる「日本の交番」にあたる施設はないようです。最も、旧市街などだと、警察署といっても一般のビルディングの中に入っている規模の小さい施設もあります。まぁ、日本で言えばちょっと大型の派出所といった雰囲気でしょうかね。

さて、先日、カールスプラッツ近くを歩いていたところ、写真のようなコンテナハウスを舗道上で見かけました。このコンテナハウスですが、マークからもわかるように警察の施設です。

Img_105_3468_001

いわゆる日本で言うところの「交番」に相当する施設のようですが、移動式となっているところがミソですね。コンテナハウスなので、大型トラックに搭載して必要のある場所へ持っていくことができるようになっています。

Feriが通りかかった時は、日曜日だったので 「営業」はしていませんでしたが、平日は警察官が詰めていて、ここを拠点にパトロールなどをするのでしょう(営業していないため、窓にはシャッターが降りています )。実際、中がどのような構造になっているのか、興味がありますね。パトロール中に検挙した容疑者などを拘留するための施設とかあるのでしょうかね

Kouban_chiba_j

日本でも「移動交番」を運用している警察本部がありますが、日本の場合は、マイクロバスやワゴン車を改造した「自走可能タイプ」が中心です。

日本の警察では、移動交番を「事件・事故の多発地域や交番新設要望地域などにおいて、移動交番を開設して各種届出の受理や周辺の警戒に当たるほか、巡回パトロールなどを行い、地域の実情に沿った情報発信や犯罪抑止活動を展開する」といった目的で運用しているようです。

ちなみにFeriが日本で住んでいる某市の警察署にも移動交番(車両)が配属されているようです。

ウィーンも最近では、EU拡大などに伴って、犯罪者の活動が目立つようになっていますから、こういった施設を有効に使い、市内の治安を維持しようという考えなのかもしれません


※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_banner_kabuto


街角の話題 |

« 「金の玉」復活なるか? | Main | 地下鉄の新しいピクトグラム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「金の玉」復活なるか? | Main | 地下鉄の新しいピクトグラム »