« ウィーンは梅雨? 長雨で被害が… | Main | 謎の調理器具 答は? »

May 22, 2010

ウィーンの店頭を飾る 日本のパトカー

Img_105_2954_001

今日は「模型にまつわるお話」をお届けしましょう。

ウィーンには模型専門店もありますが、いわゆる「おもちゃ屋さん」でも大人用の模型を扱っているケースが多々あります。立派な模型コーナーがあり、大人の皆さんが、なぜか平日の昼間にやってきては、お目当ての製品を買っていきます

先日、グラーベンにあるおもちゃ屋さんのショーウィンドウをのぞいていたら、興味深い自動車の模型を見つけました

写真をご覧になればおわかりのように日本のパトロールカー(ポリスカー)です。射手は日産スカイラインGT-R(R32)のパトロールカー仕様車で、お値段は定価102.45ユーロのところ、特別価格の60ユーロで発売中でした。「水戸88 す75-40」というナンバープレートもちゃんと付いていました。

その場では詳しくわからなかったので、後日、この模型の詳細を調べてみました。この模型ですが、AUTOartという日本のメーカーが製造している1/18スケールの精密ダイキャストモデルです。

メーカーのAUTOart(オートアート)さんは、1998年に誕生した「高品質でコストパフォーマンスに優れたモデル」を製品コンセプトとしたダイキャストモデルカーブランドだそうです。

メインスケール となっているのは、今回、ウィーンで見つけた1/18モデルで、何と1000車種以上をモデル化しており、世界30ヶ国以上で販売されているそうです。ちなみに同社では、スカイラインGT-R(R32)のパトカーは埼玉県警、神奈川県警、茨城県警の三仕様を発売しています(ちゃんと実車に基づいて、警察本部毎に仕様が異なっています。さすが日本、こだわりが違います )。

2010_saitama_p

1/18スケールなので、車体はもちろんのこと、車内もしっかりと作り込まれており、なかなか魅力的な仕上がりです。ちなみに日本国内では12600円(メーカー希望価格)で販売されていました。

さて、実車の方ですが、2ドアクーペのGT-R(R32)は、高速道路の交通取締り用のパトカーとして、高速道路交通警察隊に配備されたそうです。茨城県警察本部の場合、常磐自動車道の交通警察隊に配属されていたそうですが、現在も活躍しているのかどうかは、確認できませんでした(現在は埼玉県警だけが使用しているという説もあります)。

ちなみにウィーンのおもちゃ屋さんで見かけた日本仕様の模型は、ヘルパ製のエアライン・モデルが一番多いですね。鉄道模型の日本型は残念ながら見かけたことはありません。また、自動車も相対的には少ないようです。それだけに、今回のGT-Rのパトロールカーは目立ちました。

しかし、ウィーンで茨城県警察本部仕様の模型を見るとは思いませんでした。果たしてディスカウントして売れたのかどうか、その後は見に行っていないのでわかりませんが、そちらも興味がありますね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_c_3240_1_2

趣味 |

« ウィーンは梅雨? 長雨で被害が… | Main | 謎の調理器具 答は? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンは梅雨? 長雨で被害が… | Main | 謎の調理器具 答は? »