« 政党グッズはいかが? | Main | オーストリア アルプス検定にチャレンジ »

June 05, 2010

謎の風車

Img_105_3152_001

今日は、ウィーンの街で見つけた「小さな風車のお話」です。

初夏になるとウィーンの カフェでは、テラス席が大賑わいです。やはり晴れた日には、部屋の中よりは、テラス席の方がご機嫌ですね。最も紫外線が気になるという人もいるかもしれませんが‥

さて、先日、マイドリンク駅近くのカフェ(当然、テラス席)で一休みしている時、ふと奇妙な風車を見つけました 。この風車なのですが、カフェのテラス席を覆うテントの上に取り付けられています。

興味深かったのは、Feriが入ったカフェの隣にも別のカフェがあったのですが、そこの可動式テントの上にも同じような風車があったことです。

スタイルから考えて、いわゆるアクセサリー的なものではなく、実用品(何らかの明確な用途があるもの)だと思います。いくら省エネに関心があるオーストリアとは言え、この大きさでは風力発電用とは考えにくいですよね。

Feriがこのカフェを利用した日は、たまたま風が強く、テラス席の上を覆う日よけのテントはたたまれていました。この強い風にあおられながら、ふと気づいたのが、“この風車は風速計ではないだろうか?”ということです。テラス席のテントは、通常、裏側にある金属製のフレームに支えられています。このフレームが動くことで、テントの出し入れが出来るようになっています。いまでは、電動がほとんどのようですが‥

テラス席のテントは、日よけとして欠かせないものですが、風に弱いのも事実です。下から吹き上がる風にあおられると、テントが破損してしまうこともあるそうです。もしかしたら、この風車が風速計になっており、この結果を踏まえてテントを折りたたむかどうかを決めるようになっている気がします。もしかしたら、一定の風速以上になると自動的にテントがたたまれるようになっている可能性もあります。

ある程度、長時間、定点観測を続ければ、「この謎」は解けると思いますが、さすがのFeriもそれほど暇ではありませんので、この時は、一休みした段階で、このカフェを後にしました 。しかし、この小さな風車、気になり出すと、頭から離れませんでした

※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_banner_rainbow


街角の話題 |

« 政党グッズはいかが? | Main | オーストリア アルプス検定にチャレンジ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 政党グッズはいかが? | Main | オーストリア アルプス検定にチャレンジ »