« June 2010 | Main | August 2010 »

July 2010

July 31, 2010

ベートーヴェン座

Img_104_2263_001

今日は movie映画館のお話」です。

ウィーンを初め、オーストリアでは今でも、普通の映画館(日本のシネマコンプレックスのような複合映画館ではなく、単館方式の映画館)を結構見かけます。

ウィーンなどでは、ビルディングの中に入っているケースが多いようです。しかし、日本のように「繁華街に映画館街がある」というパターンではなく、街の中に点在している点が興味深いですね。

ただ、日本と異なり「上演している映画の看板」が出ている訳ではなく、「タイトルだけ」しか出ていないため、ちょっと見ると、見過ごしてしまうことがあります。一方、地方に行くと、今でも単独の映画館を見かけることがあります。映画館の数が多いと言うことは、商売として成り立っているということなのでしょうから、映画人口が多いのでしょうかね。

Continue reading "ベートーヴェン座"

| | Comments (0)

July 30, 2010

回転寿司、さてお代は…

Img_104_3450_002_2

今日はウィーンにお住まいの皆さん向けの「寿司レストランの話題」です。

ウィーンには日本の方が経営している本格的な和食レストランもたくさんありますが、最近では現地の方(またはアジア系の方)が経営している和食レストランも多数あります。

そんな中で、少しずつ増えているのが「回転寿司レストラン」です。以前、当ブログでもU6の終点Floridsdorfにある回転寿司レストランをご紹介したことがあります。先日、郊外の大型ショッピングセンター(SCS)に行った時、ここでも回転寿司レストランを見つけました。興味深かったのは、その料金システムです。

日本の場合、回転寿司は皿ごとに料金が決められており、食べた皿の数を数えて精算する方式が一般的だと思います。皿ごとの値段がわかっているので、自分の懐具合に合わせて食べる寿司や量を考えることができます。いわゆる「明朗会計」が売りですね(まぁ、ちゃんとしたお寿司屋さんが“明朗会計ではない”という意味ではありませんが… wink )。

Continue reading "回転寿司、さてお代は…"

| | Comments (0)

July 29, 2010

MADE IN SEKI, JAPAN

Img_105_5981_001

オーストリアでは、自動車をはじめ色々な日本の製品が販売されていますが、今日は「ちょっと変わった商品のご案内」です。

毎年、夏にFeriが「里帰り」するザルツブルク州の某街での出来事です。夜、食事をとるためホテルを出て、街の中を散歩していました。

地方の小さな街ですが、この地域の中心的な街であるため、中心部には結構お店が並んでいます。ある金物屋さんのショーウィンドウをのぞいていたとき、見覚えのある商品を見つけました。

そう、「包丁」です。店はもう営業していない時間帯だったので、ショーウィンドウの中に飾ってある商品を確認しただけなのですが、日本でおなじみの包丁です。とりあえず写真を撮って、その後、分析をしてみました。

Continue reading "MADE IN SEKI, JAPAN"

| | Comments (0)

July 28, 2010

ウィーンの雀

Img_104_7604_001

今日は「野鳥の話題」をお届けしましょう。

ウィーンは緑の多い街なので、都心部でも野鳥を見かけることがあります。野鳥と言っていいのかどうか、わかりませんが、「」もいます。日本に生息するものとは、厳密には種類が違うのかもしれませんが、雰囲気は良く似ていますね。

この写真はシュタットパーク内の cafe カフェで一休みしているときに、やってきたのを撮影したものですが、リッチな食生活を送っているのか、ちょっとメタボ気味な感じがしますね coldsweats01

シュタットパークにいた雀は、人なつっこい訳ではないのですが、人を恐れないというか、お客さまがいても平気で椅子にとまっていました。そして、お客さまがいなくなって、 bread パンくずでも落ちていようものなら、すかさずゲット。

Continue reading "ウィーンの雀"

| | Comments (0)

July 27, 2010

楽しそうなフロアマットのお店

Img_105_0586_001

今日は「面白いお店の話題」をお届けしましょう。

ウィーンはオーストリアの中では大きな都市なので、専門的な商品を取り扱っているお店がたくさんあります。先日ご紹介した「キャンピングカーのお店」なども、ある意味、専門的な商品を取り扱っているお店の一つでしょう。

さて、今日、紹介するのはフロアマットのお店です。こちらでは意外と凝った玄関マットを使っているお店がたくさんありますね。オリジナルデザインのものを発注して、使っているところも多いようです。お店の場合は、イメージづくりやPR効果もありますから、それなりに凝るにはよくわかります。

Continue reading "楽しそうなフロアマットのお店"

| | Comments (0)

July 26, 2010

車線変更工事にご注意を!

Img_1671_001

今日は「アウトバーン工事にまつわるお話」です。

こちらのアウトバーン(高速道路)もご多分に漏れず、補修工事が頻繁に行われています。とくに大型トラックなどが通行する幹線は道路の傷みが激しいためか、必ずどこかで大規模な工事をしています。また、工事期間も長期間にわたる場合があります。

ただし、こちらの工事で興味深いのは、以前も当ブログでご紹介したように、全面通行止めにして工事を行うのではなく、車線を変更して、工事を行うことです。

具体的には中央分離帯を取り外し、反対側の車線を一時的に使用します。

Continue reading "車線変更工事にご注意を!"

| | Comments (0)

July 25, 2010

ウィーンの公共交通機関もエアコン装備へ ただし…

Img_106_2881_001

日本は連日、猛暑が続いていますが、比較的暑さに強い日本人でも、この暑さは厳しいですね sad

さて、今日は「エアコンの話題」です。

7月に入ってからウィーンも日本のように暑い日が続いていますが、こちらは最近まで「エアコンなし」が普通だったので、気温が異常に高くなると本当に大変です。

日本では、今や通勤電車や通勤用のバスでもエアコン装備は「当たり前」ですが、これではエアコンを装備している車両の方が少ないのが現状です。

ちなみに路面電車でエアコンを装備しているのULFの2次車(車両番号52~、702~)だけです。

Continue reading "ウィーンの公共交通機関もエアコン装備へ ただし…"

| | Comments (2)

July 24, 2010

スーパーマーケットよもやま話 その3

Img_104_2656_001

「スーパーマーケットよもやま話 その3」は、「冷凍食品編」です。

日本でも最近は色々な冷凍食品が販売されていますが、今日は日本のスーパーでは余り見かけない冷凍食品をご紹介しましょう。日本で言う洋食系の総菜は、実は余り変わったものはありません。日本人のFeriが見ても、“こういうのがありそうだなぁ”という種類のものが並んでいます。

恐らく味付けは、こちらの方向けだと思うので、日本人の口に合うかどうかはわかりませんが… しかし、意外な冷凍食品もいつくか発見しました。

Continue reading "スーパーマーケットよもやま話 その3"

| | Comments (0)

July 23, 2010

グルベローヴァさん 今秋、ヴィオレッタを歌う

Img_105_0348_001

本来は、「オペレッタのあるところにFeriあり」なので、アン・ディア・ウィーン劇場の「こうもり」レポートをお待ちの方もいらっしゃるかもしれません。が、今回は、本当に残念なのですが weep 、諸般の事情で、ウィーン劇場の「こうもり」を観ることができなくなりました。すさまじい演出なので、観なくても…という見方もありますが、如何せん、観ないことには何とも言えませんからねぇ shock

久しぶりに「エディタ・グルベローヴァさんの話題」をお届けしましょう。

今年のザルツブルク音楽祭では、ベルリーニのオペラ「ノルマ」にタイトルロールで出演するグルベローヴァさんですが、秋には「もう一度ヴィオレッタ」ツアーが開催されるようです。

日程ですが、11月4日、8日、12日はハンブルク歌劇場で、12月11日、17日はミュンヘン、そして12月21日にはウィーン楽友協会大ホールで行われます。いずれもコンサート形式となっています。

グルベローヴァさんの「椿姫」は映像作品にはなっていますが、Feriはライブでは観たことはありません。ちなみにグルベローヴァさんがヴィオレッタをレパートリーに入れていたのは1990年代までで、最後に歌ったのは、ご存知の方も多いと思いますが、2001年の「フィレンツェ5月音楽祭 東京公演」の時でした(この時の指揮はズービン・メータでしたね)。

この公演に行けば良かったのですが、チケットが獲れませんでした(今から考えると、あの頃は、高額な外来オペラ公演チケットがよく売れていましたねぇ coldsweats01 )。

Continue reading "グルベローヴァさん 今秋、ヴィオレッタを歌う"

| | Comments (0)

July 22, 2010

謎のピクトグラムシリーズ 公園編

Img_105_2828_001_2

今日は「謎のピクトグラムシリーズ 公園編」をお届けしましょう。

7月から「気性の荒い dog 犬」を飼う場合、ライセンスが必要になったウィーンですが、条例施行からまもなく1ヶ月、どんな感じになっているのでしょうね。条例施行前に手放した飼い主も多かったという話も聞きました(確かに成犬を再トレーニングするのは至難の技ですからねぇ coldsweats01 )。

さて、先日、ウィーン市内の某公園で写真のようなピクトグラムを見つけました。右下にあるものは「犬はリートをつけましょう」という内容ですね。本来、公共の場所に犬を連れ出す場合、どんなに躾ができている犬でも万が一の場合を考えて、「ドッグラン」以外ではリートをつけるのが常識なのですがねぇ 。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ 公園編"

| | Comments (0)

July 21, 2010

番外編 ヴェルトハイムシュタイン・トリオ・ウィーン 鶴岡公演

Img_106_4488_001

今日は、番外編をお伝えします。ヴェルトハイムシュタイン・トリオ・ウィーンは、フォルクスオーパーのヴァイオリニストとしてご活躍中の三輪 愛さん、グラーツ歌劇場のチェリストとしてご活躍中の片岡典子さん、ウィーン国立歌劇場バレエ学校のピアニストとしてご活躍中の渡辺泰人さんで編成されています。

日頃、フォルクスオーパーでお世話になっている三輪さんが出演するとあって、半ば無理矢理仕事をくっつけて鶴岡へやって来ました。

地方での公演がどういった雰囲気なのかを知りたかったという面もあります。当初、なぜ、このメンバーが鶴岡で公演をするのがわからなかったのですが、コンサートを企画した「郁の会・鶴岡」会長さんのご挨拶で謎が解けました。

実は、三輪さんのお姉様(ピアニストの三輪 郁さん)が以前、鶴岡でリサイタルを行ったそうです。その際、「郁の会・鶴岡」というファンクラブが結成され、今回、ご縁があって妹さんが所属するヴェルトハイムシュタイン・トリオ・ウィーンの招へになりました(ちなみに地域ごとに「郁の会」というファンクラブがあるそうです happy01 )。

Continue reading "番外編 ヴェルトハイムシュタイン・トリオ・ウィーン 鶴岡公演"

| | Comments (0)

July 20, 2010

オーストリアでもゲリラ豪雨

12793932390328_4

日本も一部を除き、梅雨が明けて猛暑が到来しましたが、オーストリアでは一足先に猛暑がやってきました。何しろウィーンでは気温が38℃になったほどです。

しかし、だいたい気温が急激に上がると大気が不安定になり、局所的な集中豪雨、いわゆるゲリラ豪雨に見舞われます shock

実は、先週末、ウィーンも、このゲリラ豪雨で大変だったようです。

15日にはメルビッシュ・フェスティバル「ロシアの皇太子」プルミエが行われました。セラフィンさんになってから「今までプルミエは雨にたたられない」という伝説があったのですが、途中から土砂降りとなり、ついに公演中止となってしまいました。皆さんお楽しみの花火もありませんでした weep

Continue reading "オーストリアでもゲリラ豪雨"

| | Comments (2)

July 19, 2010

エコボートはいかが?

Img_105_3386_001

sun 今日、日本は「海の日」でお休みです(7月第3月曜日という移動祝日、制定当初は7月20日でした)。

「海の日」の前身は、「海の記念日」という記念日す。海の記念日は、1876年に明治天皇の東北地方巡幸の際、灯台巡視船「明治丸」をご利用になり、7月20日に横浜港に帰着したことに因み、1941年に制定されたそうです。歴史があるのですね confident

という訳で、今日は「 ship 水ものの話題 ship 」をお届けしましょう。ヨーロッパでは日本よりもエコロジー運動が普及しているため、太陽光発電や風力発電などが盛んです。まぁ、問題点が全くないわけではありませんが、一つの考え方なのでしょう。当ブログでもたびたび紹介していますが電動バイクなども日本よりは積極的に開発されているようです。

さて、春先にウィーンの新聞に太陽光発電で動く「エコボート」の話題が紹介されていました。要するに太陽光発電装置(太陽電池)で電池に充電し、モーターでスクリューを回して航行するシステムのようです。

あまりスタイルは良くありませんが、たしかに通常の運行では排気ガスなどは出さないので「究極のエコボート」と言えるかもしれません。

Continue reading "エコボートはいかが?"

| | Comments (0)

July 18, 2010

美女の誘惑

Img_104_5790_001

日本では三連休ですね。ただ、集中豪雨の被害があり、大変な地方もあるようです。こちらも心配です。

さて、今日は、ちょっと「魅力的な広告の話題」です happy01

こちらでは、国民性の違いもあって、「日本ではお目にかかれない広告」が色々あります。今日、ご紹介する広告も「その手の広告」だと思います。

細かい説明は別にして冒頭の写真をご覧ください。ビアグラスに「裸の美女」が入っているというものです lovely 。通常、 beer ビアの広告は、「おいしそうに見えるもの」(要するにビアを飲みたくなるもの)が一般的ですよね。

Continue reading "美女の誘惑"

| | Comments (2)

July 17, 2010

こちらのカーナビ

Img_105_4277_001

今日は「カーナビのお話」です。日本では、このところカーナビのお値段が劇的に安くなっていることもあり、急速に普及するようになりまいたね。この要因は、簡易型のカーナビPND(Portable Navigation Device)が登場したことによるものだとか。PNDですと、何しろ3万円以下で購入できるものも出てきていますので…。

その結果、レンタカーなどでも、カーナビ装備が当たり前のようになってきました。確かに便利ですが、これを使うと地図を読む力が落ちるような気がします。実際、どうなのでしょうね。

さて、こちらでも最近はカーナビが徐々に普及してきました。皆さま、ご存知のようにカーナビは全地球測位システム(GPS、グローバル・ポジショニング・システム)という軍事技術を利用したナビゲーション・システムです。

ヨーロッパでは道路が整備されていることもあり、以前は緊急車両用などにしか使用されていなかったようです。その後、こちらでもPNDが登場し、タクシー業者などが最初に採用するようになりました。実際、Feriも以前、シュヴェヒャート空港からホテルまでタクシーを使った際に、携帯情報端末スタイルのPNDを搭載しているのを見たことがあります。

Continue reading "こちらのカーナビ"

| | Comments (2)

July 16, 2010

懐かしの「アンカーのお店」

3202080_img_001

先日のワールドカップでは、ドイツの水族館にいる「占いタコ・パウル君」が大きな話題を集めましたね。何でも、あの通りに賭をしていれば100倍の配当金という話も…

ところで、オーストリアでもORFが夕方のバラエティ番組で、決勝戦を前に「 snail カタツムリ snail 」を使って勝者の「占い」をやりました。、30センチほど先に国旗とレタスを置 いて勝者を占ったのですが、カタツムリは逆方向へ進んだので名 (迷)企画もパーとなってしまいました bearing 。しかし、こういう「詰めの甘さ」がオーストリアらしいところです happy01

さて、ワールドカップも終わって、静かになったウィーン。今日は「ウィーンのベッカライにまつわるお話」です。

1891年と創業が古いにもかかわらず、今ではチェーン展開をしている bread ベッカライにアンカーブロート(Ankerbrot)がありますね。

かつて旧市街のアム・ホーフ広場にほど近い路地に、昔の面影を残す「アンカーのお店」(最初は、ここがアンカーブロートの本店ではないかと思っていたのですが、実際には本店かどうかわかりませんでした)がありました。

建物自体が史跡に指定されており、ちゃんとした標識も取り付けられています。古式ゆかしい建物に入っていたのですが、ベッカライなので、ちゃんと各種ブロートを焼いて、店頭販売もしていました(冒頭と2枚目の写真が、そのお店です)。

Continue reading "懐かしの「アンカーのお店」"

| | Comments (0)

July 15, 2010

キャンピングカーのお店

Img_105_2908_001

今晩から、毎年恒例のメルビッシュ・フェスティバルが始まります。今年の演目はレハールの「ロシアの皇太子」ですね。ORFの放送もあると思いますが、日本でも放送されるでしょうか。

さて、今日は「ちょっと珍しいお店にまつわるお話」です。

こちらオーストリアは、いよいよ sun 夏休みシーズン sports に入り、お金に余裕のある皆さまは避暑地へとお出かけになっていきます。こちらは、日本と違いビジネスパーソンも夏休みを長くとる傾向があるため、レジャーのスタイルも日本とはちょっと異なります。

その代表が「オートキャンプ」でしょう。日本でも、最近はオートキャンプを楽しむ人が増えてきましたが、その普及度合いは、こちらにはかなわないと思います(まぁ、別に競っても意味がないですが… catface )。

こちらでオートキャンプが一般的な理由としては、はやり休みの期間が長いことがあると思います。さらに、忘れてはならないのが、オートキャンプ場が整備されている点です。実際、ザルツカンマーグートやノイジードラーゼーなどには、設備が整った大規模なオートキャンプ場があり、快適に過ごすことが出来るようになっています。

その他にも、当ブログでご紹介したキャンピングカー用のステーション(水の補給、汚水の排出ができる施設)なども設けられています。インフラは大切ですよね good

Continue reading "キャンピングカーのお店"

| | Comments (0)

July 14, 2010

ウィーンの「トースト」(その2)

Img_2125_001

今日は、昨日に引き続き「ウィーンのトーストにまつわるお話」です。

昨日は「ホットサンド・スタイル」をご紹介しましたが、もう一つのトーストが、先日、カフェ・ムゼウムの話題で紹介した「オープンサンド・スタイル」のトーストです。

どちらかというとこちらの方が「伝統あるスナック」のようです。ベースは、いわゆるシュヴァルツブロート(ドイツパン、黒パン)で、その上に「色々な具」を乗せて、オーブンで焼くというスタイルです。余談ですが、シュヴァルツブロートの上にペーストを塗ったカナッペは、ホイリゲの「定番」おつまみですね。

ホット・サンドスタイルがカフェ中心であるのに対し、オープンサンド・スタイルは、なんと beer ビア・ホールなどでも提供されています。実際に食べてみると、こちらの方が明らかに「お酒の肴」になりますね。

Continue reading "ウィーンの「トースト」(その2)"

| | Comments (0)

July 13, 2010

ウィーンの「トースト」(その1)

Img_104_0120_001

先日、カフェの話題で「トースト」の写真を掲載しましたが、今日はウィーンでいただける代表的なスナック「トーストの話題」をお届けしましょう。

日本では、通常、トーストというと「 bread 食パン(いわゆるイギリスパン)を単純に焼いたもの」が一般的ですよね。Feriもオーストリアで、現物を見るまではオーストリアでもトーストは同じものだと思っていました。

最初にウィーンの某カフェで食べたのが、「シンケン・ケーゼ・トースト」(Schinken Käse Toast)でした。これはイギリスパン二枚の間にハム(ドイツ語ではシンケン)とチーズ(ドイツ語ではケーゼ)を挟んでオーブンで焼いたものです。

日本のホットサンドにきわめて近いのですが、ホットサンドの場合、専用の器具を使い圧力をかけて焼くのが一般的です。そのため、周囲が固定されていますが、こちらの「シンケン・ケーゼ・トースト」は、単純に挟んだだけです。

Continue reading "ウィーンの「トースト」(その1)"

| | Comments (0)

July 12, 2010

ペリカン君はどこへ行く

Img_104_7120_001

昨日、日本で参議院議員選挙、それにワールドカップなどがあり、寝不足の方もいらっしゃると思います。ワールドカップは「パウル君」のお告げ通り、スペインが優勝しましたね。参議院議員選挙は、与党が過半数割れして、今後が注目されます。

さて、今日は、「日系企業にまつわるお話」です。日本では宅配便が非常に普及していますが、その競争は熾烈を極めています。そのためか、お客さまに親しみを持ってもらうため、各社ともキャラクターを採用していますね。有名どころはクロネコさんと飛脚さんですが…

大型特殊貨物や美術品などの輸送が得意の大手通運業者・日本通運でも、かつては宅配サービス「ペリカン便」を行っていました。「かつて」というのは、この7月1日に完全撤退してしまったからです coldsweats01

Continue reading "ペリカン君はどこへ行く"

| | Comments (0)

July 11, 2010

シュヴェヒャート空港の「スパイ大作戦」

2010_07_10_001

今日、7月11日、日本では参議院議員選挙が行われます。この結果によっては、色々と政局に動きがありそうですが、果たして有権者はどのような決断を下すのでしょうかconfident 。また、 soccer ワールドカップの決勝も行われますね。「占いタコ・パウル君のお告げ」では、スペイン優勝だそうですが happy01 何かと話題の多い日曜日です。

さて、先日、アメリカとロシアのスパイ交換がウィーン・シュヴェヒャート空港で行われましたが、その詳細がわかってきました。さすがです。地元のメディアは、かなり詳細にスパイ交換の模様を構外から取材していました happy01

まず、シュヴェヒャート空港に先に到着したにはアメリカのスパイを乗せてモスクワを出発したロシアの専用機でした。

どこの機材を使うかと興味があったのですが、地元マスコミの写真を分析したところロシア緊急事態省所属(MChS Rossii - Russia Ministry for Emergency Situations)のYakovlev Yak-42Dでした。政府機関の航空機を使うところはさすがです。

こちらはマスコミの写真からはレジストレーションは判明しませんでした(記事にはRA-52556というレジストレーションが紹介されていました)。

Continue reading "シュヴェヒャート空港の「スパイ大作戦」"

| | Comments (0)

July 10, 2010

スナックスタンドも色々

Img_104_9630_001

マスコミでも大きく取り上げられたアメリカでのロシア美人スパイ事件ですが、結局、両国のスパイを相互に交換する形で決着がつきました。で、その交換場所となったのが、なんとびっくり、ウィーンのシュヴェヒャート空港だったのです。厳戒態勢の下、9日の正午、空港構内でスパイの交換が行われました。なぜ、ウィーンが選ばれたのか…そう、一応「中立国」だから…だそうです。映画みたいですね。

さて、今日はスパイとは無縁のウィーン市内で見かける「スナックスタンドのお話」です。ウィーンにお出かけになった皆さんはご存知だと思いますが、市内にはスナックスタンドが結構、出店していますね。

かの有名なMマーク fastfood のファストフード店などは、建物の中に店舗が入っていますが、古くから地元で親しまれているタイプのお店は、歩道の上にお店があります。

当然、公共の場所を使って営業している訳ですから、自治体に賃料を払っているのでしょう(どのくらいの賃料が一度、調べて見たいものです)。カフェーのテラス席(シャニガルテン)も賃料を払っている訳ですが、オープンする時期によっては、寒くて賃料だけとられて、収入ゼロ…ということもあるとか。まぁ、商売は大変です。

Continue reading "スナックスタンドも色々"

| | Comments (0)

July 09, 2010

カフェ・ムゼウムが…

Img_0525_001

今日は cafeウィーンの有名カフェにまつわるお話」をお届けしましょう。

国立歌劇場に近い、カールスプラッツにある有名カフェ「カフェ・ムゼウム」ですが、現在、本格的な分煙化に向けて休業、工事中です(2010年3月10日の当ブログでご紹介しました)。

この分煙化工事に合わせて、改装費用の関係で経営者が変わってしまう可能性がある…という情報をお伝えしましたが、やはり経営者が交代することが決まり、このほど、新しい経営者がマスコミで発表されました。

さて、新しい経営者は、何とビックリ。

Continue reading "カフェ・ムゼウムが…"

| | Comments (2)

July 08, 2010

荷物の搬入も大変です

Img_9719_001

soccer ワールドカップの決勝は、スペインとオランダになりましね。Feriとしては、ドイツが敗退してしまったのが残念ですが…catface

さて、今日はウィーンの「ちょっと困った日常生活のお話」です。

ウィーンの旧市街にある建物は、意外と階段が狭い場合があります。また、古い建物だとエレベーター(こちらではリフトと呼びますが)が設置されていないこともあります。

Feriは住んでいる訳ではありませんが、時々、こういった建物をのぞいてみると、どうも家具や大きな荷物を運び込むのが大変そうです。

先日、旧市街を歩いていると写真のような光景が目に飛び込んできました。どうやら三階(こちら流では二階ですね)に荷物を搬入しているようなのですが、なんとびっくり傾斜エレベーターを装備した特殊作業車を使っているのです coldsweats01

この傾斜エレベーターを使って一気に三階の該当する部屋まで荷物を運び、窓から搬入しようという「企み」のようです。おそらくこういった方法以外に大きな荷物を部屋に搬入する術がないのでしょう。考えようによっては合理的ではありますが…confident

Continue reading "荷物の搬入も大変です"

| | Comments (0)

July 07, 2010

お仕事中を失礼

Img_105_4856_001

今日は「七夕」ですが、日本は梅雨時なので、残念ながら night お星様は見えないところが多いようです。

さて、こちらは「七夕」とは無縁の話題。今日はちょっとおもしろい「お仕事の紹介」です。

以前、旧市街にある某レストランのテラス席を利用した時のことです。一人のおじさんが、料理などの写真を撮影していました。

どうやらメニューに使う写真を撮影しているようです。ウィーンは観光客も多いので、外国人用のメニュー(英語などドイツ語以外のメニュー)には料理の写真を掲載しているレストランもあります(ちなみに、ドイツ語版のメニューには写真がないというケースがあります)。

余談ですが、現地のお客さま向けのメニュー(シュパイゼカルテ)だけに載っている料理があるというケースもありますね(特に定食 restaurant )。

おそらく、このレストランでもメニュー用の camera 写真を撮影しているのでしょう。

Continue reading "お仕事中を失礼"

| | Comments (0)

July 06, 2010

ウィーンの給水車

Img_8379_001

ウィーンも、このところ30度前後の気温となり、 sun 夏らしくなってきました。また、市庁舎前ではフィルムフェスティバルの準備が進んでいるようです。

さて、今日は「給水車のお話」です。

日本では災害時など、水道が使えない場合、自治体や自衛隊などから給水車が出動することがあります。幸い、Feriは今までお世話になったことはありませんが、生活用水が使えなくなると本当に困りますね coldsweats01

当ブログでも昨年ご紹介した「Winer Sicherheitsfest」にはウィーンの水道公社(Wiener Wasser)もブースを出していました。今まで、Wiener Wasserのブースは何回か見かけましたが、だいたい水道水の「試飲」とPRが中心でした。

今回、フェストの趣旨に合わせたのか、写真のような給水車を持ち込んで、ブース横に展示していました。今回展示されていたのは、日本の給水車に比べると小型のタイプ(トレーラータイプ)でしたが、タンクに水を積んで必要な場所へ出かけるシステムは一緒のようです。タンクはステンレス製のようですね。

Continue reading "ウィーンの給水車"

| | Comments (2)

July 05, 2010

フーゴ・ヴォフル展を開催中です

Hugowolfplakat_001_2

今日は展示会のご案内です。ただ、Feriが、まだ見に行っていないので、その点はご容赦ください coldsweats01

今年、生誕150年を迎えたドイツリートの巨匠フーゴ・ヴォルフ(Hugo Wolf)に関する展示会「Hugo Wolf zum 150. Geburtstag」が、現在、ウィーンの市庁舎内にある図書館で開催されています。

当ブログでも、先日、フーゴ・ヴォルフに関するレクチャーコンサートの模様をお伝えしましたが、フーゴ・ヴォルフはウィーンを中心に活躍をした作曲家なので、何かの行事をしているのでは…と思ったら、案の定、開催していました。

Continue reading "フーゴ・ヴォフル展を開催中です"

| | Comments (0)

July 04, 2010

飲食店の禁煙が本格化

2010_07_01_001

今日は愛煙家には頭の痛い「 nosmoking 禁煙の話題」です。

オーストリアでは、2009年1月1日から「飲食店における禁煙法」が施行されてましたが、実は、これまで猶予期間でした。

この猶予期間が6月末で終わり、7月1日からは禁煙法が全面的に施行されました。この法律では、各飲食店は、禁煙席と喫煙席を壁などで仕切ることが義務付けられています。また、50㎡以下の飲食店については、禁煙か喫煙のどちらかを選ぶことになっています(結構、大胆な判断ですね coldsweats01 )。

Continue reading "飲食店の禁煙が本格化"

| | Comments (0)

July 03, 2010

謎のピクトグラムシリーズ さて、これは?

Img_105_2095_001

日本ではあまり見かけないオーストリアのピクトグラムをご紹介する「謎のピクトグラムシリーズ」ですが、今日は交通機関編です。

海外の方もご利用になる公共交通機関は、あるピクトグラムが威力を発揮する場所の一つかもしれません。

実際、複数の言語で紹介するよりも、わかりやすいピクトグラムを表示した方がコストもかからないと思います。実際、飛行機の客室などでもピクトグラムはよく見かけます。

さて、写真はウィーン市内からシュヴェヒャート空港へ向かうBusの車内で見つけたものです。場所は荷物棚の下です。左右は読書灯であることはすぐにわかりますね。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ さて、これは?"

| | Comments (0)

July 02, 2010

スーパーマーケットよもやま話 その2

Img_1030_001

今日は、「スーパーマーケットのお話 第2弾」をお届けしましょう。

○店内用カートはデポジット制
日本でもスーパーマーケットでは、ショッピングカートを利用して買い物をするのが一般的になっていますね。日本ではショッピングカートは自由に使うことができますが、実はこちらではデポジット制になっています。

使い方はカートの手すり部分に取り付けられているスロットにコインを差し込むと鍵が外れてカートが使用できるようになるものです。カートは売り場入り口付近に設置されており、ここで「借りる形」になります good

店内で使用後は、再びカートをストックしてある場所へ戻し、固定用の鍵を差し込むとコインが返却されます。そのため、実際にはお金を払う必要はありません(日本でも宿泊施設のコインロッカーなどで、似たようなシステムを採用している場所がありますね)。

なぜ、このようなシステムを採用しているかと言えば、カートを整理する従業員を不要にするためでしょうね。日本の場合、あちこちに散乱しているカートを回収、整理する従業員が配置されていますが、人件費の節約を狙っているのでしょう。なかなか合理的な考え方だと思います。なお、店内で買い物に使う「手提げのかご」については、デポジットシステムが導入されていません。

Continue reading "スーパーマーケットよもやま話 その2"

| | Comments (0)

July 01, 2010

表で待っています

Img_105_2817_001

6月下旬からウィーンも暑くなってきて夏らしくなってきました。7月最初の話題は、「ペットのお話」です。

ウィーンだけではありませんが、オーストリアでは、本当に dog 犬を連れて歩いている人が多いですね。日本のように「犬の散歩のために連れ出している」というケースもありますが、多くの場合、自分のパートナーとして、いつも一緒…という感じで連れ歩いています。

Feriがよくゆく某ホイリゲなどにも、地元の皆さんが犬を連れてきています。あまりにおとなしいので、居ることに気づかないというケースもありますね。

また、日本では考えられませんが、レストランなどの飲食店でも犬を連れて店内に入ることができるところが、たくさんあります。ご主人がおいしそうにお食事をしている時、パートナーの犬は足下でおとなしく座っています。健気ですねぇ。お店の方も心得たもので、水だけは専用のボウルに入れて提供してくれるところが多いようです。

また、以前、はっぱさんの会社にも犬を連れてきて、仕事中、オフィスで飼っていた社員が居たという話を聞いたことがあります happy01

Continue reading "表で待っています"

| | Comments (0)

« June 2010 | Main | August 2010 »