« 回転寿司、さてお代は… | Main | シュトラウスさんは外出予定です »

July 31, 2010

ベートーヴェン座

Img_104_2263_001

今日は 映画館のお話」です。

ウィーンを初め、オーストリアでは今でも、普通の映画館(日本のシネマコンプレックスのような複合映画館ではなく、単館方式の映画館)を結構見かけます。

ウィーンなどでは、ビルディングの中に入っているケースが多いようです。しかし、日本のように「繁華街に映画館街がある」というパターンではなく、街の中に点在している点が興味深いですね。

ただ、日本と異なり「上演している映画の看板」が出ている訳ではなく、「タイトルだけ」しか出ていないため、ちょっと見ると、見過ごしてしまうことがあります。一方、地方に行くと、今でも単独の映画館を見かけることがあります。映画館の数が多いと言うことは、商売として成り立っているということなのでしょうから、映画人口が多いのでしょうかね。

ちなみに、この映画館はウィーン市内のものです。ビルの中に入っているタイプですね。

Img_104_3766_001

ところで、ウィーン郊外のバーデンに行った時、面白い名称の映画館を見つけました。

その名もズバリ「BEETHOVEN KINO」。日本流の表現だと「ベートーヴェン座」といったニュアンスでしょうか。

しかも、この映画館、ごていねいに入り口の上にはベートーヴェンの顔が取り付けられているのですが、目線がちょうど映画館の入り口に向けられています。この顔でお客さまを呼び込もうというのでしょうかね。

Img_104_2264_001

映画館の名称から、映画音楽専門館かと思ってしまうのですが、上映している映画はごく普通の映画でした。

バーデンと言えば、ベートーヴェンが住んでいた家が、今でも残っており、観光資源になっていますから、これにあやかったものなのでしょうか。まさか、ベートーヴェン縁の映画館…ということはないとは思うのですが…

きっとオーストリアの中を探すと、面白い名称の映画館がたくさんありそうな気がしますね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_banner_rainbow


街角の話題 |

« 回転寿司、さてお代は… | Main | シュトラウスさんは外出予定です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 回転寿司、さてお代は… | Main | シュトラウスさんは外出予定です »