« キャンピングカーのお店 | Main | こちらのカーナビ »

July 16, 2010

懐かしの「アンカーのお店」

3202080_img_001

先日のワールドカップでは、ドイツの水族館にいる「占いタコ・パウル君」が大きな話題を集めましたね。何でも、あの通りに賭をしていれば100倍の配当金という話も…

ところで、オーストリアでもORFが夕方のバラエティ番組で、決勝戦を前に「 カタツムリ 」を使って勝者の「占い」をやりました。、30センチほど先に国旗とレタスを置 いて勝者を占ったのですが、カタツムリは逆方向へ進んだので名 (迷)企画もパーとなってしまいました 。しかし、こういう「詰めの甘さ」がオーストリアらしいところです

さて、ワールドカップも終わって、静かになったウィーン。今日は「ウィーンのベッカライにまつわるお話」です。

1891年と創業が古いにもかかわらず、今ではチェーン展開をしている ベッカライにアンカーブロート(Ankerbrot)がありますね。

かつて旧市街のアム・ホーフ広場にほど近い路地に、昔の面影を残す「アンカーのお店」(最初は、ここがアンカーブロートの本店ではないかと思っていたのですが、実際には本店かどうかわかりませんでした)がありました。

建物自体が史跡に指定されており、ちゃんとした標識も取り付けられています。古式ゆかしい建物に入っていたのですが、ベッカライなので、ちゃんと各種ブロートを焼いて、店頭販売もしていました(冒頭と2枚目の写真が、そのお店です)。

3111153_img_001

Img_105_2497_001

店構えも古いままで、なかなか趣のあるベッカライでした。2002年くらいまでは、営業していたと思うのですが、その後、この店は閉店となってしまいました

理由は不明ですが、付近にも別のベッカライのチェーン店もあるので、ブロートの需要がなくなってしまった訳ではなさそうです。

で、本店が閉店した後、どうなったかというと、隣にあったビアレストランに吸収されてしまいました(三枚目の写真はビアレストランになった後)。建物そのものはいじっていないので、ちょっと見ると最初からここにビアレストランが入っていたように思ってしまいます。このお店も、なかなか良い雰囲気のお店ですが、ちょっと残念ですね

Img_105_2496_001

おそらく、今では、「ここにかつてアンカーのお店があった」ということを知っている人は地元の方くらいでしょう 。ちなみに現在の店舗数は1600ほどあるそうです。確かによく見かけますからね。

Img_9250_001

ちなみにアンカーブロートは、1981年にBrüder HeinrichさんとFritz Mendlさんが、ウィーン郊外のLaaerbergで工場を立ち上げた会社だそうです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_banner_suika

街角の話題 |

« キャンピングカーのお店 | Main | こちらのカーナビ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« キャンピングカーのお店 | Main | こちらのカーナビ »