« スーパーマーケットよもやま話 その2 | Main | 飲食店の禁煙が本格化 »

July 03, 2010

謎のピクトグラムシリーズ さて、これは?

Img_105_2095_001

日本ではあまり見かけないオーストリアのピクトグラムをご紹介する「謎のピクトグラムシリーズ」ですが、今日は交通機関編です。

海外の方もご利用になる公共交通機関は、あるピクトグラムが威力を発揮する場所の一つかもしれません。

実際、複数の言語で紹介するよりも、わかりやすいピクトグラムを表示した方がコストもかからないと思います。実際、飛行機の客室などでもピクトグラムはよく見かけます。

さて、写真はウィーン市内からシュヴェヒャート空港へ向かうBusの車内で見つけたものです。場所は荷物棚の下です。左右は読書灯であることはすぐにわかりますね。

そして、右から二つ目については、スピーカーのOn、Offスイッチのようです。ずばりスピーカー・ユニットの形をしているのがおもしろいところです。普通の人はスピーカー・ユニットを見て、「これが頭上にあるスピーカーのOn、Offスイッチである」ことがわかるのでしょうかね。ちょっと微妙なピクトグラムです

そして、左から二番目、ベースが赤くなっていそうなのが「問題のピクトグラム」です。 コーヒーカップのように見えるのですが、路線バスの中でコーヒーカップマークとは? 飛行機の中でしたら、キャビンアテンダントの呼び出しボタンという可能性は考えられますが、路線バスにはキャビンアテンダントはいませんしねぇ。その他のボタンのベースカラーがグレーなのに対して、このボタンだけは赤というのも、興味をそそられます。

通常、赤いボタンは「非常用、緊急用」という意味で使われるケースが多いので、このボタンも「重要性の高いもの」なのでしょうね。押してみれば、どんなボタンなのか、すぐにわかるかもしれませんが、周りに迷惑がかかりそうなので、断念しました(当たり前ですが…)。

おそらく乗務員さんに、何らかの合図を送るボタンだと思いますが‥だったら、乗務員のピクトグラムの方が良さそうな気がしますがねぇ。

ところで、路線バスの中には、貸し切りバスに転用可能な仕様のものがあります。もしかすると、このバスも貸し切りに使う際、乗車しているガイドさんに連絡をとるためのボタンなのかもしれません。

それから、もう一つの疑問。通常、荷物棚に設置されているボタンについては、デザインを下向きにした方が自然ですよね(下に向かって読書灯が点灯する訳ですから)。ところが、このコーヒーカップ以外は逆向きなのですよ。これも不思議な取り付け方法、というか考え方の違いなのかもしれません。

こんなつまらないことを考えているうちに、 Busはシュヴェヒャート空港に到着してしまいました。


※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_banner_tsubame


街角の話題 |

« スーパーマーケットよもやま話 その2 | Main | 飲食店の禁煙が本格化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スーパーマーケットよもやま話 その2 | Main | 飲食店の禁煙が本格化 »