« さて、何の工事でしょうか? | Main | 8の字ダンスとノーベル賞学者 »

August 05, 2010

BIERGARTEN

Img_104_2928_001

今日は「模型のお話」をお届けしましょう。

日本は世界的に見ても鉄道模型が比較的普及している国だと思います。ただし、日本の場合、鉄道模型というジャンルですが、その実態は「鉄道車両模型」で、車両を作る、車両を集めるというのが中心になっています。そのためか、非常に精密な車両模型が発売されているのも特徴です。

一方、ヨーロッパの場合、最近でこそ、精密な車両模型がたくさん販売されるようになってきましたが、どちらかというとジオラマ(鉄道模型の世界ではレイアウトと言いますが)を作って、その中で走らせる人が多いようです。そのため、昔は車両の長さを短くした模型を売っていました(客車などが長いと、急なカーブを曲がることができないため )。

Img_105_8519_001

鉄道を中心としたジオラマ制作が盛んなため、関連する商品もたくさん販売されています。ジオラマ作りに欠かせない建物はプラスチックモデルが複数の会社から、大量に販売されています。

このほか、人形を専門に発売しているディープなメーカーもあります(その人形のバリエーションも半端ではありません) 。とにかく生活感のあるジオラマ作りができるように、ありとあらゆるアクセサリーが販売されているので、模型店をのぞいてみると飽きることはありません。そんな中、某模型店の売り場で見つけたのが、今日ご紹介する BIERGARTEN(ビアガーデン)セットです。

Img_105_8529_001

さすがビアの本場ですね。BUSCHというドイツの鉄道模型アクセサリーメーカーが製造しているもので、テーブルに椅子、テント、街灯など、BIERGARTEN作りに必要なパーツがセットになっているようです。パッケージの写真を見ているだけでも、 楽しそうなBIERGARTENの雰囲気が伝わってきます。生活感がありますね。

スケールはHOサイズ(1/87)で、お値段は19.9ユーロでした。この他にもヨーロッパの街づくりでは欠かせないマルクト(市)やフェストの屋台なども販売されています。とにかく多岐にわたっているため、品切れ(在庫切れ)になっていることが多いのが残念です。なお、二枚目と三枚目の写真は、実際のジオラマの様子です。良く作り込まれていますよね 。とくに二枚目の方は ワイン畑(じゃなかったブドウ畑)とホイリゲのセクションです。良い雰囲気が伝わってきます。

※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_banner_shinkansen

趣味 |

« さて、何の工事でしょうか? | Main | 8の字ダンスとノーベル賞学者 »

Comments

突然メールして申し訳ありません。この、ジオラマ模型を売っているお店の名前と住所を教えていただけないでしょうか?

Posted by: oconnell | March 26, 2012 17:02

oconne様

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

ブログにも書きましたが「BIERGARTEN」のキットはBUSCHというドイツの鉄道模型アクセサリーメーカーが製造しています。

BUSCHは比較的ポピュラーなメーカーなので、ドイツの鉄道模型店(もしくは玩具店の鉄道模型部)で購入できます。feriは、ミュンヘンの玩具店で見かけました。なお、それ以外のジオラマは個人のファンが制作したもので、販売はしていないと思います。

Posted by: Feri | March 27, 2012 09:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« さて、何の工事でしょうか? | Main | 8の字ダンスとノーベル賞学者 »