« メルビッシュの舞台裏を覗くと… | Main | 早すぎた廃線 懐かしのザツルカンマーグート・ローカルバーン(上) »

August 12, 2010

スーパーマーケットよもやま話 その4

Img_9720_001

今日は、こちらのスーパーマーケットで見かける「日本系の食料品」についてご紹介しましょう。

さすがに地方のスーパーではあまり見かけませんが、現地資本のスーパーマーケットでもウィーン当たりに出店しているお店では、「日本系の食料品」を見かけるようになりました。

代表例は、お総菜コーナー(というかサラダなどが置いてあるコーナー)にある「お寿司」でしょうかね。

このほか、調味料系では、醤油わさびなどは、日本の有名メーカー品が並んでいます。また、寿司海苔も見かけるようになりました。何となく、寿司の材料を揃えているような感じがします。それと、最近増えつつあるのが「豆腐」です。こちらの方がどうやって召し上がっているのかは、定かではありませんが…

また、最近、存在感を増しているのが和風テイストの清涼飲料です。具体的にはパック入りの緑茶などが結構並んでいます(冒頭の 写真をご覧ください)。

ただ、緑茶と言っても、日本で販売されている緑茶飲料とは、味が違うようで、日本人が飲むと???という感じになります。もともと、こちらではザフト(ジュース)は果汁100%が基本なので、甘ったるい飲料が多いのですよね。そこで、緑茶のような飲料が出てきたのでしょう。何となくわかる気がします。

376_7694_001

また、以外と多いのが「おかき」(せんべい)の類です。ただ、「草加せんべい」のようなスタイルはハードルが高いのか、「あられ」のようなスタイルのものが多いようです。日本でもファンが多い「歌舞伎揚げ」や「エビせんべい系」もよく見かけます。

いずれも油で揚げたタイプなので、こういったものはこちらの方にも抵抗が少ないのかもしれません。ただ、、Feriは買ったことがないので何とも言えませんが、味付けは、日本のものとは違うかもしれません。

そういえば、大昔の話になりますが、来たイタリアに住むイタリア人友人宅を訪れたことがあります。その時、「おかき」を試食してもらったところ、“醤油がきついねぇ”というのがご家族共通の感想でした。今では昔ほど醤油に対する抵抗も少なくなっているとは思いますが、恐らく現地で製造・販売している「おかき」類は味付けを工夫していることでしょう。

この他、有名どころのお菓子ではG社のチョコレート菓子「ポッキー」が、「MIKADO」という名称で販売されています。これは試しに買ったことがあるのですが、味は日本のものと同じでした。まぁ、いわゆる「西洋菓子」ですからねぇ。

※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_banner_suika


グルメ・クッキング |

« メルビッシュの舞台裏を覗くと… | Main | 早すぎた廃線 懐かしのザツルカンマーグート・ローカルバーン(上) »

Comments

Feri さま
お久し振りです、はっぱです。

スーパーマーケットの「緑茶」には注意!
これ、甘いんです。砂糖が入っています。
他の甘味系の飲料と、ほとんど変りがありません。

「こぶ茶」系のものも、飲料やヨーグルトで見かけます。
(オーストリア人は Kobucha と書いてあるので
 コブハ と呼んでいます。
 最初に聞いた時、何かと思いました)

この「コブハ」は「こぶ茶」とは思えない味で
・・・ 機会があったら試して
      みない方が良いかも(笑)

Posted by: はっぱ | August 12, 2010 17:39

はっぱさん、こんにちは。

ヒェーッ、甘いのですか
その昔、同行した家族用に買った記憶があるのですが(別のブランドだったと思うのですが)、その時は、甘みの記憶はないのですが…
「コブハ」…これは興味深い。探してみましょう

Posted by: Feri | August 12, 2010 20:47

はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいています。ただ、音楽や芸術の分野には疎く、一般(?)の話題を興味深く読ませてもらっています。
ウィーンには全く関連がないのですが、10年ほど前に台湾に行った際に「甘い緑茶」に遭遇しました。暑い時期で、ペットボトルの冷えた緑茶でのどを潤そうと一口飲んで「えっ!」 なんと砂糖入りで驚いたことがありました。
はっぱさんのコメントでそんな思い出が蘇りました。
これからも日常の話題をお届けください。

Posted by: はなこ | August 13, 2010 09:21

はなこさま、コメント、ありがとうございます。

オーストリアならば、甘い緑茶はわかるのですが、台湾というのは意外な感じがしますね。

これからもお気軽にお立ち寄りください。

Posted by: Feri | August 13, 2010 10:04

そうそう、私もこの緑茶にはやられました。
確かグリーンティーmitレモン(何語じゃΣ(;・∀・))ともう一つ別のトッピングがあった記憶があります(ピーチだったかしら?)

要するに紅茶の茶葉が緑茶になっただけのようなかんじですが、紅茶よりちょっと高かったです。

Posted by: lakka | August 18, 2010 23:48

lakkaさま、こちらにもコメント、ありがとうございます。

まぁ、「素材の一つ」と考えた方が良さそうですね。最近、また色々なバージョンが出ているようです。

Posted by: Feri | August 19, 2010 01:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« メルビッシュの舞台裏を覗くと… | Main | 早すぎた廃線 懐かしのザツルカンマーグート・ローカルバーン(上) »