« ウィーンの街を撮りまくれ! フォトマラソンがありました | Main | ツィン・シティ・ライナーの新ターミナル »

October 19, 2010

だいぶ出来てきましたが…ケルントナーシュトラーセの「今」

Img_103_0056_001

今日は、ウィーンの目抜き通り(古い表現ですねぇ)、「ケルントナーシュトラーセの話題」をお届けしましょう。

ご存知のように、ケルントナーシュトラーセの中程で現在、大規模なショッピングセンター建設工事が進められています。

今年の前半は、古い建物を解体する工事が行われていましたが、現在は、解体、基礎工事も終わり、新しい建物の建設工事が急ピッチで進められています。

先日、前を通りかかったところ、すでに建物の形がかなり出来上がっていました。が、そのデザインを見て、ガッカリ。案の定、周囲の建物とバランスがよくない無機質な感じのビルディングでした

Wien_projekte_0002

まぁ、専門家の方に言わせれば、それなりのコンセプトがあるのかもしれませんが、コンクリートの外壁面が目立つタイプで、どうもウィーンの旧市街には似合わないような建物になりそうです。

最も、向かいにあるスワロフスキーの新店も、ちょっと奇抜なお店ですから、新しいショッピングセンターだけが問題…という訳ではありませんが。

Img_103_0753_001

その後、たまたまウィーン市が発行している新規開発プロジェクトの小冊子を入手したのですが、その中に、このショッピングセンターの完成予想図(二枚目の写真)が掲載されていました。CG合成のイラストですが、やはり周囲にはなじまないような気がしますが、皆さまはどのようなご感想をお持ちですか? 幸い、旧市街については、建物の高さ制限が厳しいため、高さで景観が損なわれるという心配はありません。しかし、この状態で高さ制限が緩和されたら、とんでもないことになりそうです(それこそ、世界遺産の登録抹消という話にもなりかねません)。

もっとも、外観と商売は関係ないのかもしれませんね 。とにかくお客さまが、たくさん入って、売上が上がることが大切なのでしょうから…

Img_103_0754_001

ところで、スワロフスキーの新店ですが、奇抜なディスプレイが注目を集めています。とくに夜間は、ガラス越しにユニークな照明が点灯しますので、注目度は抜群です。

さらに通りに面したショーウィンドウには、スワロフスキーのアクセサリーを多用したプライベートルームとおぼしきディスプレイが行われています(こちらのお店は、どちらかというとアクセサリーなど、より高価なものを扱っているようです。Feriには「無縁の世界」です )。皆さん、ここで写真を撮っている人が多いですね。

Img_103_0148_001

ケルントナーシュトラーセやグラーベンでは、歴史ある伝統的なお店が姿を消し、ヨーロッパのチェーン店が中心になってきているので、何となく味気なくなっているような気がしますね。このように感じるのも歳のせいでしょうか?


※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_c_3240_1


街角の話題 |

« ウィーンの街を撮りまくれ! フォトマラソンがありました | Main | ツィン・シティ・ライナーの新ターミナル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンの街を撮りまくれ! フォトマラソンがありました | Main | ツィン・シティ・ライナーの新ターミナル »