« 「ルクレティア・ボルジア」プルミエレポート | Main | マイヤー炸裂、楽しさ爆発、フォルクスオーパー“ハロー、ドーリー!” »

October 05, 2010

初列車に乗ってしまいました

Img_103_0236_001

今日は、10月2日に延長区間が開業した「ウィーン地下鉄U2のお話」です。
昔のU2はリンクの半分を回っている「中途半端な路線」でしたが、サッカーのヨーロッパカップ開催に合わせて、2008年にメイン競技場となるStadionまで延長されました。

今回は、さらにドナウ川を越えてドナウシュタット(23区)Aspenstraßeまで延長されました。

当日、土曜日ということもあり、特に用事がなかったので、延長区間を見に行くことにしました。

ショッテントーアからU2に乗ったのですが、なぜか行き先はStadionのまま。おかしいなぁと思いつつ、列車に乗ったのですが、結局、今までの終点であるStadionで下車させられてしまいました。

Stadionの駅前広場に出ると、U2延長開業記念式典の準備が進められており、10時から式典が始まることがわかりました。日本では一般的に前日に公式開業式を済ませ、当日は始発から運行開始…というパターンが多いのですが、こちらでは何と当日の午前中に開業式を行うようです(日本では、開通式とは別に、本当の始発列車でテープカットをするケースが多いですね)。

Img_103_0364_001

そのため、かなりの人が集まっていましたが、予想外だったのは、鉄道ファンが少なかったことでしょうか。時間がよいせいもあり、家族ずれや地元の皆さんが中心でした。

Img_103_0190_001

式典は10時から始まり、恒例の関係者の挨拶などが行われました。その後、VIPがStadion発Aspenstraße行きの始発列車に乗車します。ところが、関係者の乗車が終わったところで、一般のお客さまも乗車OKとなり、一斉にホームへ駆け上がります。

10時40分、満員の始発列車がStadionを出発しました。今回の延長区間には六つの駅ができたのですが、始発列車は途中の五つの駅はすべて通過し、終点のAspenstraßeまでノンストップでしたが、これも珍しい体験になりました。なお、新線区間は地下鉄ですが、ドナウ川を越える関係で、すべて高架構造となっています。

Img_103_0195_001

また、Stadlauという駅ではSバーンと乗り換えができる構造になっています。また終点のAspenstraße周辺は開発中のエリアのようで、今後発展が期待される感じがしましたね。

到着すると歓迎式典が行われていましたが、それとは別に駅近くに特設会場で開業記念イベントが開催されているようです。せっかくなので、そちらへも顔を出してみました。

Img_103_0202_001

巨大なステージが設けられ、Nockalm Quintettという地元のバンドが11時から演奏を行っていました。地元では人気のあるバンドらしく、大変な賑わいです。寒いのがちょっと興ざめでしたが、フェストなのでビアやブルストなどを売る屋台も出て、大変賑わっていました。

また、終点のAspenstraße以外でも、各駅で趣向を凝らしたイベントを行っており、各駅を巡っているお客さまも観られました。このほか、U2の路線延長に合わせて、路面電車26系統の運行系統も見直され、U1とU2を結ぶ路線となりました。

Img_103_0502_001

好き者のferiですが、日本でも開業初日の初列車には乗ったことがありません。まさか、ウィーンの地下鉄で経験するとは思ってもみませんでした。余談ですが、後日、新聞を見たところ、Aspenstraße駅の階段上からプレスが撮った写真が掲載されており、その群衆の中にferiが写っていました。

※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_banner_pumpkin_10


街角の話題 |

« 「ルクレティア・ボルジア」プルミエレポート | Main | マイヤー炸裂、楽しさ爆発、フォルクスオーパー“ハロー、ドーリー!” »

Comments

お久しぶりです。
来月、二年ぶりにまたウィーンに行く予定です。
U2ついに延長されたんですね
今回滞在するホテルがU2沿線なので、
利用する機会が多いのいで、楽しみです!

ミッテも西駅も《大規模工事中》ですよね。
路面電車の運航経路も変更されているみたいなので
戸惑ってしまうこともありそうですね・・・

それにしても凄い人、人、人でしたね!
その中にferiさんが写っていらしたとは、素晴らしい

Posted by: necchi | October 06, 2010 22:44

necchiさま、コメントありがとうございます。
お返事が遅れて済みません。

U2の延長区間ですが、全線高架なので眺め場良いですね。とくにドナウ川あたりの散策にはうってつけかもしれません。

なお、地下鉄の案内所で2.5ユーロの路線図を売っていますが、これを買うと無料の地図よりも遙かに役に立ちます。お値段もお手頃なので、是非どうぞ。

Posted by: feri | October 07, 2010 14:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「ルクレティア・ボルジア」プルミエレポート | Main | マイヤー炸裂、楽しさ爆発、フォルクスオーパー“ハロー、ドーリー!” »