« 超番外編 ThinkPadユーザー向けイベントがありました | Main | だいぶ出来てきましたが…ケルントナーシュトラーセの「今」 »

October 18, 2010

ウィーンの街を撮りまくれ! フォトマラソンがありました

Img_103_0186_001

こちらでも「芸術の秋」という訳で、10月、ウィーンでは「博物館の長い夜」(別名は“行列の長い夜”)に代表されるように、色々なカルチャーイベントが開催されています。

今日は、その中から、10月3日に開催された「ウィーン・フォトマラソンの話題」をお届けしましょう。

camera 「フォトマラソン」 run と聞くと、皆さまはどんなイメージをお持ちになりますか? ウィーンの市内を走りながら写真をとる、長時間写真を撮り続ける(日本では長時間何かをすることをマラソンに例えますので)などなど、色々あると思います。

このウィーン・フォトマラソンは、「時間内に決められたテーマ(お題)の写真を撮影する」という行事です。

具体的には、主催者側から写真のテーマ(フルマラソンは24テーマ、ハーフマラソンは12テーマ)が出されます。それを制限時間内(フルマラソンは9時から21時までの12時間、ハーフマラソンは9時から15時までの6時間)にデジタルカメラで撮影し、データーを記録したメモリーカードを事務局に提出するというシステムです(今風ですね)。

以前は、銀塩写真でも参加できたようですが、2010年からはデジタルカメラ(携帯電話のカメラ機能は除く)に限定されました。

2010_10_03_fotomarathon_001

なお、国籍制限、居住地制限(観光客でも当日参加できればOK)、年齢制限はありませんが、16歳未満の青少年は、自動的にハーフマラソン参加になります。

参加者は事前登録が必要だったのですが、スタートとゴールは、プラターにあるウィーンメッセです。選手は受付の際、ゼッケンナンバーやスタート時間を記録したメモリーカードとスターターキットを受け取り、ウィーンの街へ出て行きます。今年の登録料は25ユーロだったようです(この登録料には「競技」に使うメモリーカードやガイドブックの費用も含まれているそうです)。

事務局の発表によると、今年は1684名の「選手」が参加したそうです。現在、ゴールしたメモリーカードに入っている写真の審査が行われており、11月下旬に授賞式が行われる予定とか。

さて、今年のテーマですが、以下のようになっていました。

1.Versteckt、2.Gegensätze、3.Im Augarten、4.Gebogen、5.Die U-Bahn, ein Wahrzeichen Wiens、6.klimafreundlich mobil、7.Energie sparen、8.Klimaschutz im Alltag、9.Aus einem anderen Blickwinkel
10.Ich liebe Wien, weil...、11. Das Wunder Energie、12.Ich bin natürlich、13.Schilderwald
14.Kunst auf der Strasse、15. (Am) Graben、16.Im Schaufenster、17.Musik、18.In Stein gemeißelt、19.Türen und Tore、20. Im Umbau、21. Nahe am Wasser、22. Verlassen、23.Warten、24.Beleuchtet(ハーフマラソンのテーマは1~12)。

さて、写真ファンのあなた、来年は挑戦してみてはいかがですか。

※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_banner_taisou_10


文化・芸術 |

« 超番外編 ThinkPadユーザー向けイベントがありました | Main | だいぶ出来てきましたが…ケルントナーシュトラーセの「今」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 超番外編 ThinkPadユーザー向けイベントがありました | Main | だいぶ出来てきましたが…ケルントナーシュトラーセの「今」 »