« ペット救出大作戦? | Main | 考え方の違いでしょうか 子育て色々 »

October 31, 2010

何でも商売?ハロウィン

Img_103_0483_001

この時期、インターネットの検索エンジンで「ウィーン」という単語で検索をかけると「ハロウィーン」が出てきてしまうことがありますね。今日は、この「ハロウィンの話題」です。

ハロウィン (Halloween, Hallowe'en) はヨーロッパを起源とする民族行事だそうで、カトリックの「諸聖人の日」(万聖節)の前晩(10月31日)に行われます。ただ、ケルト人ゆかりのお祭りなので、他のキリスト教の行事と異なり、どこでも必ずお祝いをする訳ではないようです。

ハロウィンのお祭りが盛んなのは、主にアイルランド、イギリス、アメリカ、カナダ、プエルトリコ、ニュージーランド、そしてオーストラリア当たりだとか

一方、何でもOKの日本では、宗教的な意味合いは薄く「アメリカの大衆文化」といったニュアンスで、商売に利用しているようですね。

Img_103_0763_001

さて、カトリック信徒の多いオーストリアでは、どうでしょうか? オーストリアでは「諸聖人の日」が祝日になっていることもあり、ハロウィンの方は宗教的な行事は行われていないようです。

しかし、最近は10月になるとハロウィンにつきものの「おばけカボチャ」がスーパーマーケットの店頭に並ぶようになりました。また、花屋さんなどの店頭でも、ハロウィンの飾りが並んでいます。何でも商売にネタにしようと言うのは、何処も同じようです。

2010_10_29_w01

そんなことを考えていたら、ニュースで「ハロウィンの経済効果」が紹介されていました。これによるとハロウィン関係で 900万ユーロの経済効果があるそうです。

消費者の動向調査によると、ハロウィンに合わせてお菓子、装飾品、衣装などを購入したいと考えている人が、前年の22%から29%にアップしています。

また、ハロウィンにつきもののカボチャを購入したいと考えている人もかなり増えているようです。さらに、今までは少なかった「ハロウィン用の衣装」の人気が高まっているとか… 当然、ウィーン商工会議所のお偉いさんは、ホクホク顔 で記者会見に臨んだようです。クリスマス前で、消費が冷え込む時期ですから、ありがたいのかもしれませんね。正にご商売に携わる方からすると「Happy Halloween」ですね

なお、ハロウィンの祝い方ですが、この調査によると「自宅で楽しむ」が12%でもっとも多いようです。ウィーンらしいですね。ただ、ウィーンでは“ハロウィンは無駄な出費を強いるお祭りではないか ”という意見も多いようです。また、オーストリアの伝統文化が変質していくことに対して危機感を持っている人もいるようです。こういった意見ですが、何となく、わかるような気がしますね


さて、ウィーンでは、11月中旬になると クリスマス市が始まり、賑やかな季節がやってきます。


※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_banner_helloween_10


街角の話題 |

« ペット救出大作戦? | Main | 考え方の違いでしょうか 子育て色々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ペット救出大作戦? | Main | 考え方の違いでしょうか 子育て色々 »