« 今年、日本で叙勲を受けたオーストリアの皆さま | Main | パンダの赤ちゃん、名前募集中! »

November 12, 2010

番外編 G20こぼれ話 オーストラリアがオーストリアに?

G20_001

今日は「G20にまつわるこぼれ話」です。

ご存じの方も多いと思いますがG20とは、20ヶ国地域首脳会合および20ヶ国地域財務大臣・中央銀行総裁会議の参加国・地域で、主要国首脳会議(G8)の参加国・地域(欧州連合)および新興経済国11か国が含まれています。

ちなみに参加国はアメリカ合衆国、アルゼンチン、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、オーストラリア、カナダ、韓国、サウジアラビア、トルコ、中国、ドイツ、日本、ブラジル、フランス、南アフリカ共和国、メキシコ、欧州連合(EU)、ロシアです。

さて、今年は韓国ソウルで、11月12日、13日の両日、首脳会合開催されます。この首脳会議にあわせてソウルの中心街・清渓川(チョンゲチョン)に各国首脳の容姿をかたどった人形が展示されました。いずれも参加国に敬意を表するため「母国にちなんだ衣装」を身につけているとか。ところが、オーストラリアから参加のジュリア・ギラード首相の人形でちょっとしたハプニングがありました。

というのは、ギラード首相の衣装は、白い袖の赤いドレス、ピンクのエプロンはオーストラリア伝統衣装というより、明らかにオーストリアの民俗衣装なのです。

G20_002

オーストラリアのメディアは、「ヨーロッパのオーストリアを混同して生じた錯誤のようだ」とコメントしていますが、一部では「ギラードがオーストリア(?)首相になってしまった」とユーモアを交えて紹介しているようです。また、日本のメディアは「G20人形 豪州首相がアルプスの少女?! とんだ勘違い」(共同通信)と報じています。

なお、韓国のメディアによると、「ソウル市の関係者が“オーストリアとオーストラリアを混同したのではない。 オーストラリアの歴史が浅いため伝統衣装を探すのが難しかった。 木の葉で作った服が伝統衣装だと知ったが、首相にその服を着せることはできなかった”と釈明している」と報じています。しかし、この人形ですが、なかなか良い表情だと思いませんか。日本の管総理大臣の人形も見たいものです

通常、オーストリアの方がオーストラリアに間違えられることが多いため、“オーストリーにしようか”という動きがあったくらいですからねぇ。これは本当に珍しいですね。実際、オーストラリアに間違えられることをパロディにしたTシャツが、ウィーンの土産物屋さんの店頭に並んでいますからね。

ところで、「各国のトップに伝統的な衣装を着てもらう」というというアイデアはおもしろいと思うのですが、実際問題として、難しい面がありますよね。ヨーロッパなどの場合は、今でも伝統的な衣装が残っており、かつ着ている光景を見かけることがありますが、こういったものが「ない」国(なくなってしまっている国)もあります。

アメリカなどは、どうしたのでしょうか。まさか、ネイティブの格好をしてもらう訳にはいかないでしょうからねぇ。そのように考えると、今回の場合、服装はスーツなどにした方が、担当者も悩まなかったかもしれません。ある意味、「凝りすぎた悲劇」ですね。

なお、G20参加国ではないオーストリアでは、今のところ、この話題は報道されていないようです

※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Banner_23


街角の話題 |

« 今年、日本で叙勲を受けたオーストリアの皆さま | Main | パンダの赤ちゃん、名前募集中! »

Comments

楽しく「オーストリアこぼれ話」を読ませていただきました。小生の娘夫婦(1歳10ヵ月の孫娘がいます)が今年6月からウィーンに住んでいます。8月には、家内ともども、孫の顔とともに娘夫婦がが暮らしている町、国を見たいと思い、遠路訪ねました。私自身、若い頃からウィーン、ザルツブルクなどオーストリアは一度は訪れてみたいと思っていましたが、それは現役を退いた後の楽しみにと考えていました。初めて訪れたウィーン、ザルツブルグはとても素晴らしい町でした。1週間ばかりの旅行では定番のスポットを訪ねるばかりでしたが、何度も足を運びたくなるような好印象を得ました。旅行者と、居を構えることは同じではありませんが、親として安心感もありました。ザルツブルク音楽祭ではリッカルド・ムーティ指揮のウィーンフィル&ウィーン国立歌劇場合唱団によるプロコフィエフ「イワン雷帝」を鑑賞し、東京では聴けない演目にも感銘いたしました。このブログのことは娘にも伝えたいと思います。彼女が伝えてくるウィーン事情とはまったく異なる視点からの最近ウィーン事情を楽しみにしております。

Posted by: | November 15, 2010 17:39

ご丁寧なコメント、ありがとうございます。

ウィーンは比較的住みやすい都市ですが、これだけは「好みの問題」がありますので、難しい面もあると思います。

また、大変すばらしい公演をご覧になったようで、なによりです。また、機会がありましたら、是非、ウィーンにもお出かけください。

また、ご感想をお寄せいただければ、幸いです。

Posted by: Feri | November 15, 2010 17:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今年、日本で叙勲を受けたオーストリアの皆さま | Main | パンダの赤ちゃん、名前募集中! »