« パンダの赤ちゃん、名前募集中! | Main | 地下街改良プロジェクト »

November 14, 2010

番外編 森野由みソプラノコンサート 神戸神戸酒心館編

Img_103_1381_001

先日は埼玉県川口市に出没したFeriですが、11月13日は兵庫県神戸市に現れました。

ウィーンのお友達であるソプラノ歌手、森野由みさんのコンサートを聴くためです。

森野さんは、歌劇場などのカンパニーには所属していないフリーのソプラノ歌手ですが、長年、ウィーンにお住まいだけあって、なかなかの実力者です。

ウィーンでお会いした時、神戸ではオペレッタの名曲を中心に歌うという話をうかがったので、突然、現れた…という訳です。

しかも、会場が、また良いのですよ。神戸の造り酒屋で bottle 清酒「福寿」の醸造元さんが、酒蔵として使われていた建物を修復して多目的ホール「豊明蔵」を運営しているのです。

Img_103_1356_001

Feriは初めて訪問したのですが、かつての酒蔵を彷彿とさせる古い大きな梁が印象的なホールでした。実際、クラシックやジャズのコンサートなども定期的に開催されているそうです。客席数は最大150席と、さほど多くはないのですが、良い雰囲気の会場です。

ただ、元々、コンサートホールとして設計された建物ではないため、音響効果(特に残響)に若干問題があるようですが、雰囲気が良いため、さほど気になりませんでした。何となく、ウィーン近郊のホイリゲでのコンサートと通じるものがありましたね。

今回、伴奏はおなじみの志茂貴子さんなので、お二人の呼吸もピッタリでした heart04

Img_103_1397_001

演目は、オペレッタ「白馬亭」より“愛の歌はワルツでなければ”、E.ヴォルフ “シャンパンの香りに酔いしれて”、オペレッタ「絹のヴィーナス」より“ジプシーよ、この生きざまを弦の音で奏でるがいい!”、オペレッタ「シカゴの公爵夫人」より“マリーとちょっとスローフォックスを!”、ショパン “ノクターン”・“子犬のワルツ”(ピアノ独奏)、シュトルツ オペレッタ「お気に入り」より“あなたこそは心の王様”、オペレッタ「パガニーニ」より“愛よ、この世の天国よ!”でした。

オペレッタはFeri好みの曲目でしたね。途中、お二人が歌にまつわるお話を披露され、いらっしゃってお客さまも楽しめたようでした。なお、アンコールは、ご存じ「チャールダーシュの女王」から“私の故郷は山の中”が披露されました。

Img_103_1392_001

さて、休憩時間には、会場のご厚意により bottle 利き酒のサービスもあるなど、大人向けのリサイタルでした。福寿さんは、伝統的な日本酒の醸造に加えて、文化活動にも積極的に取り組んでいる点も興味深いですね。

日本では、なかなかお酒の提供が難しいので、こういった場所でのリサイタルというのは良いですね。

Img_103_1388_001

なお、19日には、東京神楽坂にある音楽の友ホールで、オペラのアリアを中心とした彼女のリサイタルが計画されています。お値段もお手頃なので、お近くの方は、ぜひお越しください。もしかしたら、Feriも会場に出没するかもしれません(私に会いたい人はいませんよね coldsweats02 )。

詳しくは森野由みさんのWebサイトをご覧ください。


※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_banner_ochiba2_11

音楽 |

« パンダの赤ちゃん、名前募集中! | Main | 地下街改良プロジェクト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« パンダの赤ちゃん、名前募集中! | Main | 地下街改良プロジェクト »