« ウィーンからメリークリスマス(動画のプレゼント) | Main | どこが変わったの? 「薔薇の騎士」 »

December 25, 2010

Adolf Dallapozzaさんのお誕生日記念公演

Img_105_12_3804_001

こちらでは、お誕生日というのを大切にする傾向がありますね。とくにオペラやオペレッタ歌手の場合、お誕生日に合わせて記念公演を設定し、プログラムにも、その旨を明記する場合があります。

さて、フォルクスオーパーで、かつて一世を風靡した名テノールKSのAdolf Dallapozzaさんの「70歳お誕生日記念公演」が12月23日に行われました。演目は、最近、彼が定番としているフンマーディンクのオペラ「ヘンゼルとグレーテル」です。

ご存じの方も多いと思いますが、「ヘンゼルとグレーテル」はドイツ語圏では、クリスマスの時期に、主に子供さんを対象に上演されることが多いオペラです。子供向けといっても、しっかりとした内容ですが、特徴は出演者がヘンゼルとグレーテルの両親、そして魔女以外は、すべて子供ということでしょうか。何しろ、ヘンゼルはオペラの主役では最年少だそうですから…まぁ、実際には完全な子供さんが出演している訳ではないのですが、雰囲気は、少年、少女にしてありますよね。

Img_105_12_3746_001

また、観劇対象が子供さんということもあり、過激な新演出が主流のドイツでも、これだけはオーソドックスなスタイルを守っているそうです。ちなみにフォルクスオーパー版の演出は、かのKarl Dönchさんで、今回で159回の上演を数えています。

feriは月間プログラムで「Festvorstellung zum 70.Geburtstag von Kammersänger Adolf Dallapozza」という文字を見た瞬間にポチッとしてしまいました。こういう「特別講演」に弱いferiでした

Img_105_12_3757_001

当日の指揮はNoam Zurさんでした。主なキャストは、ゲルトルート(ヘンゼルとグレーテルの母親)がGertrud Ottenthalさん、ペーター(ヘンゼルとグレーテルの父親)がSebastian Holecekさん(「こうもり」では振られましたが、ここで再開)、ヘンゼルがAdrineh Simonianさん、グレーテルがRebecca Nelsenさん、眠りの精がMara Mastalirさん、霧の精がTatiana Sokolovaさん、そして魔女がAdolf Dallapozzaさんという面々でした。なお、今日はゲルトルートのGertrud OttenthalさんとヘンゼルのAdrineh Simonianさんが初担当となっていました。

お話は、子供向けとは言え、結構、きつい内容ですよね。たとえば母親から、お仕置きのため、夜の森に苺摘みに行かされる、森で野宿する、つかまった魔女を逆に釜に入れて焼いてしまうなどなど、教育上、よろしくないような気がするのですが…まぁ、悪いことをすると、怖い目にあうよ…という教訓なのでしょうかね。

Img_105_12_3792_001

魔女が登場するのは、三幕だけなのですが、特殊メイクを施しているため、正直、誰だかわかりません。しかし、このオペラでヒール役として絶大な人気を誇っているのが魔女なので、出てくると大歓声(ヒール役なので、ブーイングが出ます)。ご本人も、それを理解しており、ノリノリで魔女を演じるのが、恒例です。今日もAdolf Dallapozzaさんの怪演が光りましたね。

さて、通常通り公演が終わったのですが、カーテンコールでは「Adolf Dallapozzaさんの70歳お誕生日」を記念して、ダイレクターのロベルト・マイヤーさんが舞台に突然、登場。花束をAdolf Dallapozzaさんに渡して、熱い抱擁  。お互いが、子供さんに「もっとフォルクスオーパーに来てね」といったPRも忘れませんでした。

Img_105_12_3768_001

かつてはイケメン歌手で、数多くのオペレッタに登場したAdolf Dallapozzaさんが、こういった特殊メイクでヒール役を演じるのは、どうかな…と思うのですが、やはりお客さまの層を広げるために、あえて引き受けているのだろうと思います。確かに、この怪演は、一度観ると強く印象に残るので、また観たくなります。今日はAdolf Dallapozzaさんのための舞台でしたね。

Img_105_12_3814_001

余談ですが、お開きの後、カフェ・ワイマールでのんびりワインを飲んでいると、なんとロベルト・マイヤーさんが登場。どうやら奥の部屋でAdolf Dallapozzaさんのお誕生日パーティをやっているようでした(24日はお休みなので、皆さんのんびりムード)。

その後、しばらくして、Adolf Dallapozzaさんが来店。普通、有名人が来てもおとなしくしている(気がつかないふりをしている)のがこちら流ですが、今日はお客さまから盛大な拍手が寄せられた。やはりお誕生日は特別なのでしょうね。なお、最後の写真は、12月24日用の公演ポスターです。普通の休演にしないところが、ミソですね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_banner_presents_12

オペラ |

« ウィーンからメリークリスマス(動画のプレゼント) | Main | どこが変わったの? 「薔薇の騎士」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンからメリークリスマス(動画のプレゼント) | Main | どこが変わったの? 「薔薇の騎士」 »