« 謎のピクトグラムシリーズ 注意書きが増えました | Main | マリアヒルファーシュトラーセにみる発想の違い »

January 28, 2011

変わったお店シリーズ3 オーラルケア専門店

Img_105_12_3273_001

今週の「変わったお店シリーズ」は、健康に関するお店です。

日本でも最近は、歯や口の健康に気を遣う人が増えてきました。毎食後の歯磨きはもちろんのこと、お口用の各種リンスなどもオーラルケア用品も人気を集めています。

さて、先日、出先からフォルクスオーパーへ行く途中、いつもとは違う通りを歩いてみました(「 foot 歩く foot 」というのが、実はネタ探しには大切です)。時間があるときはのんびり散歩気分で歩いていると、色々とおもしろい eye 発見がありますね(余談ですが、夕方から夜にかけての方が、店内が確認しやすいため、見つけやすいようです。どうでもいいか wink )。

そんなときに見つけたお店が本日紹介する「オーラルケア専門店」(店頭の電飾を見ると「PROPHYLAXE SHOP」と出ていました)。

最初は歯科医師さんや歯科医院向けのお店なのかと思ったのですが、店内をのぞいてみると、いわゆる一般のお客さま向けに各種オーラルケア用品を販売しているようです。

扱っている商品は各種の歯ブラシ(当然、各種の電動歯ブラシもあります)、歯磨き用ジェル、各種リンス、歯間ブラシ、舌クリーナー、歯ぐきマッサージ、口内保湿ジェル・スプレー、歯のマニキュア、口腔洗浄器、歯周病予防グッズなど、さすが専門店と唸らせるような品揃えでした。ちなみに、この手のオーラルケアグッズですが、日本でも、はまり出すと、結構凝る人が多いという話を聞いたことがあります。

Img_105_12_3271_001

ただ、通常のドラッグストアのように店頭にすべて陳列されている訳ではないので、店員さんと相談しながら、必要な商品を買い求めるのでしょう。まぁ、専門店ならではの対面販売ということになりますね。

日本でも多種多様なオーラルケア用品が販売されていますが、通常、専門店は歯科医院向けで一般のお客さまを対象にしているところは少ないようです。そういう観点で見ると「珍しいお店」の一つかもしれません。例によって人ごとながら「これで、商売になるのだろうか」という疑問がでてしまいましたが… confident

今でこそ、ドラッグストアやスーパーマーケット、家電量販店など、複数の商品ジャンルを扱うお店が増えてきましたが、オーストリアやドイツは、今まで法律上の制約もあり「何かに専門特化しているお店」が中心だったので、意外とニーズがあるのかもしれません delicious

きっと、公衆衛生に関連するお店ですから、店員さんもオーラルケア全般について高い知識を持っている人がおり、ひいきのお客さまに頼りにされているような気がします。また、国立病院から比較的近い場所にあるというのも、もしかしたらポイントかもしれませんね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

01_br_banner_kotatsu


変わったお店 |

« 謎のピクトグラムシリーズ 注意書きが増えました | Main | マリアヒルファーシュトラーセにみる発想の違い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謎のピクトグラムシリーズ 注意書きが増えました | Main | マリアヒルファーシュトラーセにみる発想の違い »