« 街頭の時計 | Main | 速報 セラフィンさんの後任は? »

January 25, 2011

スーパーマーケットよもやま話(その6) 新業態と高級化

Img_105_12_3858_001

今日は、このところ、ちょっとごぶさたしている「スーパーマーケットよもやま話」をお伝えしましょう。最近、ウィーン市内でもスーパーマーケットの改装や系列変更などが見られるようになりました。

オーストリア国内で、比較的良く目にするスーパーマーケットは、ご存じドイツ資本のBILLA(買い物袋が回転する看板でおなじみですね。黄色と赤がシンボルカラー)ですが、従来は、店舗の大きさにより若干の違いはありましたが、基本的に同じような店づくりでした

ところで、このBILLAが、このほど 新業態店をウィーン中心部にオープンさせました。

Img_105_12_3859_001

できた場所は旧市街のノイヤー・マルクト(観光客の皆様にもおなじみの場所ですね )で、店名は「CORSO」(正式にはBILLA CORSOと言いますが、看板ではCORSOの文字を目立つようにしています)。

既存店よりも高級志向の店で、外観も従来のBILLAとは異なっていますが、店頭のテントの図柄は好みが分かれそうです。実際にFeriも店内に入ってみましたが、新店舗だけあって明るくきれいです。場所柄、敷地面積が確保できなかったため、2階建て店舗となっていました。

Img_105_12_3860_001

また、面白いのは今までのBILLAではなかった フードコートが併設されていることです(ただし、面積は狭いですが)。セルフサービス方式で総菜やドリンクを取って、会計。その場で食べることができます。Feriが行った日も、フードコートを利用している人が結構いましたね

さて、このCORSOですが、当ブログをご覧の皆さまならおわかりのように、グラーベンにあるウィーンの老舗高級スーパーJulius Meinelを意識しているのは言うまでもありません。果たして、今後、CORSOという新業態がウィーン市内に幅広く展開するのかどうかは、わかりませんが、注目したいところです。

なお、観光客の皆さまにもおなじみのグランドホテル地下にあるBILLAは、きれいな店舗ですが、今のところ業態転換はしていないようです。

Img_105_12_2761_001

ところで、ウィーンには店舗数は少ないのですがMERKURという大型スーパーもあります。やはりドイツ資本で、ドイツに行くと同じ看板の店をよく見かけます

Img_105_12_2258_001

ウィーンではマリアヒルファーシュトラーセにあるショッピングセンター地下に入っている店舗が有名です。以前からFeriも時々利用していますが、ウィーン市内の割には敷地面積が広いこともあり、非常に品揃えが豊富なスーパーです。

さて、このMERKURですが、こちらもショッピングセンター全体の改装に合わせて、昨年、リニューアルされました。従来は、棚に賞品が整然と並んでいる「普通のスーパー」だったのですが、リニューアル後は、写真のように生鮮食料品や総菜を中心に商品の陳列法法が大きくかわりました。

Img_105_12_2259_001

また、店内もおしゃれな感じになりましたね。ここは地下鉄U3のノイバウガッセ駅と直結しているので、たいへん便利です。リニューアルされたMERKURを見て、実はCORSOを思い出しました。実は店内の感じがよく似ているのです。

ウィーンのスーパーマーケットも、お客さまの獲得に向けて多様化が始まったようですね。「スーパーマーケットの個性」については、また改めてお伝えしたいと思います。


※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

01_br_banner_kotatsu

スーパーマーケット |

« 街頭の時計 | Main | 速報 セラフィンさんの後任は? »

Comments

《スーパー》大好きです!
商品の陳列方法も勿論、日本では経験したことのないシステムもありますね。
その一つに、購入商品が少ない人用のレジ。
そのシステムを知らず、沢山の商品をカートに入れて並ぼうとして、すごい剣幕で怒られたことがありました
(因みに、日本の方でした・・・)
その逆に、後ろに並んでいた男の子に
「コーラ一本だから先にさせて~」と言われ、あまりにも可愛い笑顔だったのでOKしてしまった事も
懐かしい思い出です。

Posted by: necchi | January 25, 2011 22:55

necchiさま、コメント、ありがとうございます。

確かにシステムが違うところが、色々あるので、慣れるまで戸惑いますよね。

ところで、「購入商品が少ない人用のレジ」は、どこのお店で経験されましたか?

Feriが平素、利用するスーパーはレジの数が少なくて、量に関係なく、並んでいます。

Posted by: Feri | January 26, 2011 07:05

購入品数によって、レジを分ける方式、スーパーじゃないけど、郊外の IKEA にはあります。ついでに、あそこは、自分でバーコードをスキャンして、カードで払う、という無人のレジもありますよ。なんか、ズルする人が結構居そうな感じですが(笑)

Posted by: はっぱ | January 26, 2011 07:34

はっぱさん、お久しぶりです。

> 無人レジ(セルフレジ)
日本では「大人気」です。多くのスーパーマーケットで導入が始まっていますが、有人レジが空いているときでも、セルフレジは大混雑。
どうも、自分が買ったものをチェッカーさん(レジの係を、そう呼ぶのですが)に見られたくないという人が多いようです。
なお、不正を防止するため、セルフレジ付近では従業員さんが巡回しています。
不思議な国、日本のお話でした。

Posted by: Feri | January 26, 2011 10:08

マリアフィルファーのMERURデス‼
3、4年前だったと思います。
日本のセルフレジ、便利だろうな、と
思いながら、未経験ですf^_^;)

Posted by: necchi | January 26, 2011 13:12

necchiさま、MERURでしたか。私も以前はよく使っていたのですが、最近はご無沙汰で。

たしか、あそこはレジのレーンが比較的いつもたくさんオープンしていたような気がします。

今回、リニューアルされて、レジがどうなったかは見ていないので、今度調べて見ます。私も好き者ですねぇ。

Posted by: Feri | January 26, 2011 17:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 街頭の時計 | Main | 速報 セラフィンさんの後任は? »