« 変わったお店シリーズ1 電球専門店 | Main | セール、よもやま話 »

January 15, 2011

食べられないManner

Img_105_12_3542_001

今日は「ウィーン名菓・Mannerのお話」です。

Mannerのウエハースは、お土産にお買い求めになる観光客の皆さまが多いのですが、実はこちらの人にとっては「ウィーンの懐かしい味」になっているようです。実際、現在、フォルクスオーパーで上演されているオペレッタ「微笑みの国」でも、中国へ渡ったリーサに、女性5人組がMannerのウエハースを食べながらからかう場面があります。

ところで、Mannerはレッドブルほどではありませんが、スポーツのスポンサーになるなど、本業以外の活動も結構目立ちます。

今の時期ですと、ノルディックスキーのジャンプ競技などで、ピンクの「Mannerカラーヘルメット」をかぶった選手を見かけますね。そんなこともあり、本家のお菓子だけではなく、衣料品やおもちゃなど様々なMannerグッズを精力的に作り、販売しています。

Manner_001

ステファンプラッツにある直営店では、お菓子だけではなく、衣料品からアクセサリー、スポーツ用品、おもちゃなど、様々なManner関連グッズが手に入るのですが、今度は「食べられないManner」が登場しました。デザインはおなじみの「ウエハースの箱」です。さて、皆さんは、これは何だと思いますか?

キーリングがついているので、キーホルダーのような感じもしますが、実はUSBメモリーなのですよ。容量は2GBで、お値段は12.9ユーロでした。日本で販売されている汎用USBメモリーは2GBで1000円程度(特売では500円というケースもありますが)ですから、「特注品」ということを考えると、まぁ、妥当な金額と言えるでしょうね

Img_105_12_4230_001

なお、これ以外にもCasaliブランドで販売されているSchoko-Bananenデザインのものもあります。なお、USBメモリーの中には、データー類は何も入っていません(FATでフォーマットしてありました)。

Manner_003

Mannerの上手なところは、この手のグッズを非常に速いテンポで更新していることです。そのため、“いいな”と思ったときに買っておかないと、次にはなくなっている…ということが多々あります。

もちろん定番グッズは残しているようですが、このあたりはコレクター心理を突いているような気がします。という訳で、Feriも買ってしまいました


※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

01_br_banner_usagi

グッズ |

« 変わったお店シリーズ1 電球専門店 | Main | セール、よもやま話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わったお店シリーズ1 電球専門店 | Main | セール、よもやま話 »