« グルベローヴァ展に行って来ました | Main | 懲りもせずにバレエ版「こうもり」 »

January 04, 2011

がんばれ! スキーチーム専用機?

Img_105_12_4147_001

今日は「スキーと飛行機のお話」です。日本では、箱根駅伝や天皇杯サッカーなどがお正月恒例のスポーツですが、こちらではノルディックスキーのジャンプ週間が年末・年始の注目スポーツです。

2009年から2010年にかけてのジャンプ週間では、オーストリア勢が4戦すべてで優勝しましたが、今シーズンは、2011年1月1日にガルミッシュ・パルテンキルヘンで行われた2戦目では失速してしまいましたね。さて、3戦目は地元オーストリアのインスブルックで1月4日に開催されます。

ところで、そんなスキーチームを応援しようというのか、 airplane オーストリアンアローズ(Austrian Arrows)にスキーチーム代表選手の写真をプリントした機体が登場しました。

Img_105_12_4146_001

機体はヨーロッパ内で活躍するフォッカー100型機(レジストレーションはOE-LMV)で、機体後部に5人の選手が描かれています。

Feriがシュヴェヒャート空港で見つけたときは、地上滑走中だったので、詳しく観察することができませんでした。そのため、誰が描かれているのかがよくわからないのが残念ですが、ノルディックだけではなく、オーストリア伝統のアルペンの選手も登場しているようです(選手の顔を知っていればわかるのでしょうが… coldsweats01 )。もちろん、選手専用機という訳ではないでしょうね。

しかし、このデザインですが、社名の前半部分を生かして、後半をスキーチームのロゴに変更するなど、なかなか手が込んでいます。

Img_6251_001

日本では、この手のペイントをした機体が多いですが、こちらでは珍しいと思います。ところで、この手のペイントが増えた一つの理由に、塗装ではなく、特殊フィルムを利用できるようになったことが影響しているという話を聞いたことがあります。確かにフィルムだと、簡単にできますからね。さて、オーストリア・スキーチームの活躍を期待することにしましょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

01_br_banner_fuji


飛行機のお話 |

« グルベローヴァ展に行って来ました | Main | 懲りもせずにバレエ版「こうもり」 »

Comments

自己RESですが、ジャンプ週間第3戦インスブルック大会はオーストリアのモルゲン・シュテルン選手が、見事、 crown 優勝しました。
特別機をつくった成果でしょうかね happy01

Posted by: Feri | January 04, 2011 at 07:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« グルベローヴァ展に行って来ました | Main | 懲りもせずにバレエ版「こうもり」 »