« スーパーマーケットよもやま話(その6) 新業態と高級化 | Main | 謎のピクトグラムシリーズ 注意書きが増えました »

January 26, 2011

速報 セラフィンさんの後任は?

Moerbisch_001b

夏の恒例行事となっているメルビッシュのフェスティバルですが、興味深い情報が入ってきました。

当初、メルビッシュの責任者として活躍してきたハロルド・セラフィンさんは、今年の「ジプシー男爵」をもって引退する予定でした(一説では、2010年の「ロシアの皇太子」で引退という話もあったのですが…)。

が、このほど、2012年のシーズンも引き続き、セラフィンさんが指揮を執ることになりました。どうも後任が見つからなかったことが原因のようです delicious

2011_01_25_001

しかし、この延長はあくまでも臨時処置のようで、平行して後任の選定も行われています。

こちらの新聞報道によると、2月25日締め切りで、後任の公募が行われているそうです。公募の結果を踏まえて、4月には新しい責任者を決定し、すぐに2013年公演の準備に入るとか。実際、主な歌手などは3年前くらいから手配しないと、良い歌手が確保できないと言われているので、かなり厳しいスケジュールです coldsweats01

それにしても、誰が後任になってもたいへんだと思います。何しろ、メルビッシュ=セラフィンさんという図式が成り立ってしまっているため、絶対に比較されますからねぇ。セラフィン・カラーからの切り替えが大変だと思います。いずれにしても、どんな人が選ばれるか、興味深いところですね。

ところで、セラフィンさんが最後を飾る2012年の公演はオペレッタの定番中の定番ヨハン・シュトラウスⅡ世の名作「こうもり」に決まったようです。屋外の「こうもり」。どうなのでしょうね。

何はともあれ、まずは、2011年の「ジプシー男爵」を楽しむことにしましょう。

Graz_traviata_001

ところで、色々と話題を提供してくれるグラーツ歌劇場ですが、1月22日にプルミエが上演された「椿姫」(演出は、あのPeter Konwitschnyさん)ですが、地元では歌手も含めて大変高い評価を獲得しました。どんな公演だったのか、興味がありますね。ちなみに上演時間が20分ほど短縮されているそうです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

01_br_banner_yukiusagi

オペレッタ |

« スーパーマーケットよもやま話(その6) 新業態と高級化 | Main | 謎のピクトグラムシリーズ 注意書きが増えました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スーパーマーケットよもやま話(その6) 新業態と高級化 | Main | 謎のピクトグラムシリーズ 注意書きが増えました »