« セール、よもやま話 | Main | 喫煙所は… »

January 17, 2011

さすがザッハー

Img_105_12_1826_001

15日、16日の両日、札幌で行われたワールドカップ・ジャンプでは、オーストリア勢が活躍していましたね。オーストリア期待のモルゲンシュテルン選手は15日が惜しくも2位、15日は3位でしたが、しっかり両日とも表彰台を確保するなど、安定した力を発揮しているようです。昨日はマナーのヘルメットをかぶった同僚のコフラー選手が優勝しましたね。そうそう、マッチ・オブ・ザ・マンの賞品はマナーのようでした。

さて、今日は「ホテル・ザッハーにまつわるお話」です。

ウィーンの高級ホテルとして有名人御用達のホテル・ザッハーですが、現在、大規模なリニューアル工事を行っています。Feriは一度も利用したことはないので、元々どんな内装だったのか知りませんが、設備や内装を中心とした大規模な工事のようです。

営業を続けながらの工事ですから、時間がかかりますので、現場には工事用の事務所が仮設されます。以前もご紹介しましたが、こちらの工事用仮設事務所はコンテナハウスを使うケースが圧倒的に多く、これを工事現場の敷地や歩道に設置します。

ホテル・ザッハーの場合は、周辺に空きスペースが少ないため、国立歌劇場側(つまり正面玄関側)、カフェの向かいに設置されています。伝統的なホテルに、無機質なコンテナハウスという組み合わせは、どうも景観を損ねますが、これはやむを得ないことでしょう。

以前、フォルクスガルテン近くに工事事務所外壁に美術館の広告が出ているという話題を当ブログでお知らせしましたが、こういった装飾でカバーするのが精一杯です。

さて、ホテル・ザッハーですが、ユーモアたっぷりの装飾が施されています。写真見ればおわかりのようにカフェの従業員さんが工事用にヘルメットをかぶって“笑顔”でサーブしている写真を印刷したシートで覆われているのです。

Img_105_12_1827_001

要するに“ホテルは工事中ですが、カフェは平常通り営業中ですよ”というPRを兼ねたものなのですが、ヘルメットをかぶっているところにユーモアのセンスを感じます。出ている従業員さんは本物なのか、俳優さんなのかはわかりませんが、ポーズがなかなか決まっていますね

もちろん、道路側の半分にはリニューアル工事完了後の客室写真も載っており、PRも忘れていません。ちょっと立ち止まって見てしまうようなユニークな広告と言っても良いでしょう。では、実際にカフェに言ったら、ボーイさんやメイドさんがヘルメットをかぶって出てくるのか…もちろん、そんなことはありませんので、ご安心を

日本の場合、よく地元の学生さんが書いた絵や気の利いたイラストなどをプリントするケースがありますが、こういった一ひねりしたことを考えるのは、やはりこちらの人の感覚なのでしょうね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

01_br_banner_kotatsu


街角の話題 |

« セール、よもやま話 | Main | 喫煙所は… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« セール、よもやま話 | Main | 喫煙所は… »