« 私は幸せ? | Main | あまり活躍されては困る? 除雪車色々 出番はあるの? »

February 11, 2011

変わったお店シリーズ5 電動バイク専門店

Img_105_12_3140_001

今日、日本は「建国記念の日」の祝日です。土曜日がお休みの方は三連休になるのですが、日本は全国的に天気が良くないようですね snow rain

さて、今週の「変わったお店シリーズ」は、 bicycle 自転車専門店です。

ただ、取り扱っているのが普通の自転車ではなく、日本では「電動アシスト自転車」(こちらでは電動バイクですが)と呼ばれている車両なのです。

昨年8月に当ブログでご紹介したように、オーストリアではリゾート地でも電動バイク普及プロジェクトが進んでいます。こちらの場合、車両の普及を促進させるため、先にインフラ(要するの公共の充電スタンド)を整備する傾向があります。とくに一定のエリアに充電スタンドが設置されると、バッテリーの残量を気にすることなく、電動バイクを使用することができますからね。

ただ、今のところウィーン市内では、電動バイク用の充電スタンドは、あまり見かけません。

Img_105_12_3141_001

さて、このウィーンのお店ですが、Feriは当初、普通の自転車屋さんかと思ったのですが、店名を見てビックリ。“ELEKTROBIKER”。実際に窓が大きいたいへんきれいなお店なので、道路から店内をのぞくことができたのですが、店名どおり取り扱っている商品は電動バイクだけなのです wink

もちろん、電動バイク本体だけではなく、ヘルメットをはじめとするサイクリングに必要なグッズも揃えてありました。店内の装飾もシンプルで「今風」ですが、最近オープンしたようです。あいにくFeriが通りかかった時は、営業時間外だったので、店内に入って観察することはできませんでしたが、おそらくオーナーさん(店主)が、電動バイクに入れ込んでいるのでしょう happy01

Img_105_12_3233_001

また、今後の電動バイクの普及を見込んで、先手を打って専門店をオープンさせたのかもしれませんね。入り口の看板にバッテリーのピクトグラムを入れているところに「こだわり」を感じます。さしずめ「電動バイクのプロショップ」と言ったところでしょうか。

ところで、電動バイクを作っているメーカーがある日本でも、専門店というのはあまり見かけません(あるのかもしれませんが、Feriは知りません)。ある意味、ウイーンの電動バイク専門店は、かなり変わったお店の一つと言えるでしょう。

しかし、例によってお客さまが、どれくらいいらっしゃるのかが心配です。ビルディングの一階に入っていましたから、ビルディングのオーナーさんでなければお店の賃料も、それなりにかかると思います。他人事ながら、売り上げがどれくらいあるのか、ちょっと心配になってしまいました coldsweats01

※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります happy01

02_banner_br_choco


変わったお店 |

« 私は幸せ? | Main | あまり活躍されては困る? 除雪車色々 出番はあるの? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 私は幸せ? | Main | あまり活躍されては困る? 除雪車色々 出番はあるの? »