« 速報 ウィーン国立歌劇場2011/12シーズンプログラム | Main | 変わったお店シリーズ10 電子部品専門店 »

April 14, 2011

モーツァルトさんは自動車で移動中

Img_109_03_5013_001

Feriが見落としていた行事があったので、先にご紹介します。5月18日にウィーン国立歌劇場でマーラー没後100年記念コンサートが予定されています。どうも、このコンサートを東北大震災復興支援チャリティーコンサートにするようです(演奏曲目はマーラーの交響曲9番で変わりません)。指揮者のDaniele Gattiさんとウィーンフィルは公演の出演料を義援金として、日本赤十字社に寄付することを発表しているようです。ただ、国立歌劇場のWebサイトなどには、その旨が書かれていないので情報は確認できません。

また、先日、フォルクスオーパーで行われた「Kibo-Hoffnung Konzert fürJapan」は、600万円が義援金として寄付されるそうです。

さて、今日はちょっと「音楽関係の話題」が続いたので、軽めの話題です(手抜きではありませんよ)。

ちょっと変わった自動車のお話」をお届けしましょう。こちらでは路面電車やバスに広告を出す際に、窓の部分を上手に使って広告に変化をつけることがあります。

例えば、車体に人のイラストを入れて、乗客の顔だけ活用する…というパターンがよく見られます。本物の顔は男性だけれども、イラストは妙齢な女性というミスマッチ(当然、逆もありますが)が楽しい広告です。

さて、先日、旧市街で写真のような社用車を見かけました。観光客の皆さんにおなじみのウィーン・モーツァルト・オーケストラさんの自動車です。業務連絡用でしょうかね。

こちらは、観光客の皆さんへのPRを意識してか、カラーリングも赤を中心とした派手なものです。また、先日ご紹介したHästensのビートルと異なり、ずばり社名が入っています。

興味深いのは後部座席の窓です。ご覧のようにモーツァルトさんが、マターリとしています。ちゃんと窓の部分に肘をかけていますね。ご自身もオーケストラのPRの一役買っている…という図でしょうか。

この自動車は3ドアのハッチバックなので、普通は後部座席は使用しないのでしょう。それにしても、モーツァルトさん、うまいこと自動車の後部座席に収まっていますね。誰でも考えそうなアイデアですが、それを実践してしまうところが、たいしたものです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

04_br_banner_kokuban_2


街角の話題 |

« 速報 ウィーン国立歌劇場2011/12シーズンプログラム | Main | 変わったお店シリーズ10 電子部品専門店 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 速報 ウィーン国立歌劇場2011/12シーズンプログラム | Main | 変わったお店シリーズ10 電子部品専門店 »