« 速報 メルビッシュ、セラフィンさんの後継者決定です | Main | スーパーよもやま話 これがウワサのExpresskassa »

May 07, 2011

変わったお店シリーズ13 木工工房

Img_110_04_5615_001_2

5月最初の「変わったお店シリーズ」は、ウィーン市内で見かけた「木工工房」です(メルビッシュのニュースが入ってきたので、今回だけは土曜日に移動です smile )。

オーストリアは森林が多いため、木材は豊富です。この木材を発電用の燃料に転用しようという動きもあるぐらいですから。当然、豊富な木材を使った産業が盛んです。今でも木目を生かした家具や調度品が愛用されていますよね。これも古くからの伝統なのでしょう。

最近では、IKEAに代表されるチェーン展開する大手家具チェーンも進出しており、お手頃な価格の量産品を利用する方も急速に増えているようです。しかし、そこはマイスターが居るお国柄、家具などの木工製品を作る独立系の工房や会社もあります。

Img_110_04_6019_001

先日、ウィーン市内の7区を歩いていたら、とあるビルティングの一階に入っているお店(というか会社)が目にとまりました。実は最初に見つけたときは、ビルディングの外装を改装中で、足場が組んであったため、よくわかりませんでした。

後日、この前を通りかかった際に、観察してきました。どうやら特注家具などを作る木工専門工房(会社)のようです写真のように(Holz Craft、individual furnitureと書かれていますので、当たり)。

まず、Feriが一番最初に気になったのは、会社のロゴが「ガイコツ」であるという点です。しかも入り口の上に、堂々と描かれています。しかし、このガイコツ、凄いインパクトがありますよね coldsweats01

Img_110_04_6018_001_2

大きなガラス窓からは、中の工房がよく見えるのですが、木工用の大型機械が設置されており、職人さんが作業に勤しんでいました。また、窓側には加工した材料やテーブルのデザイン模型などが並んでおり、なかなか興味深いところです。

Img_110_04_5625_002_2

恐らく特注すると、結構な金額になるのでしょうが、こういったお店(というか会社)が立派に営業しているところ(というか商売として成り立っているところ)に、ウィーンらしさを感じます。きっと永年お付き合いのある「お得意様」が居るのでしょうね。

しかし、こういった木工工場(というか工房ですが)が、ウィーンの街中にあるというのが、ちょっと驚きです。しかも、古いビルディングなので、上はアパートになっています。
しかし、入り口の上にガイコツのイラストが描かれているのかという理由をぜひ知りたいものです。別に棺を作っている会社という訳でもなさそうですからね delicious


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b


変わったお店 |

« 速報 メルビッシュ、セラフィンさんの後継者決定です | Main | スーパーよもやま話 これがウワサのExpresskassa »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 速報 メルビッシュ、セラフィンさんの後継者決定です | Main | スーパーよもやま話 これがウワサのExpresskassa »