« 番外編 オーストリアの皆さまは日本をどうみているのか? | Main | 変わったお店シリーズ17 ビルディング内のガススタンド »

June 16, 2011

監視カメラが増えています

Img_110_04_6500_001

今日は、「ウィーン市内の監視カメラにまつわるお話」です。

街中の監視カメラで有名なのはロンドンですが、ここウィーンでも最近は監視カメラが街中に増えてきました。

最も顕著な例は、週末に終夜運転を始めた地下鉄です。当初から、深夜時間帯の治安が懸念されていたこともあり、終夜運転実施に合わせて、駅構内や車両の中に監視カメラが設置されるようになりました。

ただ、のんびりとしたお国柄を反映して、一斉に全車両に取り付け‥とはいかず、在来車は順次改造を行っているようです。なお、空調付きの新型車両については、最初から監視カメラ付きで登場しています。

Img_110_04_6505_002

ただ、車内の監視カメラですが、非常に小型で、天井に埋め込まれています。そのため、ちょっと見たところではカメラがあるのかどうか、判別できません。なお、写真中央の小さい点が「監視カメラ」です。

地下鉄車両だけではありませんが、Wiener Linienが運行する路面電車やバスで監視カメラが付いている車両は、写真のようなステッカーが貼ってあります。これも犯罪の抑止には一定の効果があるのでしょう(そういえば、日本では犯罪抑止用にダミーの監視カメラを売っていますね)。

Img_110_04_6504_001

駅についても、従来は事故が起きやすかったエレベーター付近だけにしか監視カメラがなかったのですが、最近ではプラットホームの上にも付くようになりました。冒頭の写真はU4のシェーンブルン駅ですが、よく見ると屋根から小型の全周型監視カメラがぶら下がっています。

Img_110_04_6505_001

さすがにロンドンのように、街角に大量の監視カメラが設置されるところまでは行っていませんが、徐々に監視カメラは増えていくことでしょう。

これに対して、「カメラによる市民の監視反対!」という動きもあるようですが、今のところ、際だった妨害活動は見られないようです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 番外編 オーストリアの皆さまは日本をどうみているのか? | Main | 変わったお店シリーズ17 ビルディング内のガススタンド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 オーストリアの皆さまは日本をどうみているのか? | Main | 変わったお店シリーズ17 ビルディング内のガススタンド »