« フォルクスオーパー・アパートに泊まろう | Main | 監視カメラが増えています »

June 15, 2011

番外編 オーストリアの皆さまは日本をどうみているのか?

Img_5665_01

先日、日本の外務省がオーストリアで実施した「対日世論調査」の結果を発表しました。今日は、番外編として、この結果をお届けしましょう。

ちなみに外務省の委託による「オーストリアにおける対日世論調査」は、今回が初めてだったそうです。対象は16歳以上のオーストリア国民(1012名)で、電話インタビュー方式で行われました。

まず、「日本は信頼できる国であると考えますか?」という質問には70%が「信頼できる」、9%が「信頼できない」との回答でした。

また、「オーストリアにとって日本との友好関係は重要か?」との質問では、77%が「絶対に重要」もしくは「重要」と回答、「重要でない」もしくは「全く重要でない」と答えたのは 14%でした。少なくとも日本に対してマイナスのイメージは持たれていないようですね 。皆さん、ありがとう。

ただ残念なのは、「東アジアでの最も重要なパートナーは?」との質問に対する答えです。「日本」と回答したのが23%であったのに対して、「中国」が56%‥ やはりご商売の相手としては、Chainaの方に注目が集まるのでしょうかね。確かにオーストリアもChainaで、ご商売をしている企業が多いですから‥

Img_106_5740_001

そして、「両国間で協力関係を強化すべき分野」についての質問では「科学技術」がトップで、以下「貿易・投資」、「観光」、「文化・人物交流」と続いています。日本人から見ると「観光」や「文化交流」のイメージが強いのですが、科学技術がトップとは意外ですね。

お役所らしく、脈絡のない質問もあります。例えば、「日本が捕鯨を行っていること」について、82%が「反対」、「賛成」もしくは「やむを得ない」が計7%だったそうです。そもそも、捕鯨の背景などをご存じのオーストリア人は少ないですから、当然の結果と言えば当然でしょうね。

日本人として興味がある「日本人の良い側面」として、「勤勉(86%)」、「伝統・文化を大切にする(71%)」、「創造性がある(40%)」が上位を占めたそうです。日本人からすると、今や、この三つは崩壊寸前ですが、まだまだイメージとして残っているのでしょう。良いイメージがあるうちに何とかしないといけませんね

また、「日本への関心分野」についての質問では、「文化・芸術(50%)」、「科学技術(43%)」、「日本食(37%)」(意外と低い)、「歴史(36%)」が上位を占めていました。

さらに、文化・芸術面の中では、盆栽(38%、これは納得)、相撲・武道(空手、柔道、剣道)(28%),生け花(26%)に関心があるとの回答でした。意外と武道が低いのですね。盆栽については、ケルンテン州で実際にオーストリア人の反応を見たので、思わず納得してしまいました。ぜひ、「日本のサブカルチャーに関する質問」も入れていただきたかったのですが、今回はなかったようです。

笑ってはいけないのですが「訪日経験」については、80%が「訪日経験無し」。その理由は、旅行代金の高さ(58%)を挙げる方が最も多かったそうです。まぁ、何となくわかりますね。すみませんねぇ。日本は高くて‥

詳細なサマリーは外務省のWebサイトでPDF版が公開されています。ご興味のある方は、是非ご覧ください。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_austria_001

経済・政治・国際 |

« フォルクスオーパー・アパートに泊まろう | Main | 監視カメラが増えています »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フォルクスオーパー・アパートに泊まろう | Main | 監視カメラが増えています »