« 番外編 速報“ウィンナー・フェスト2012” | Main | これはビックリ インパクトのある広告 »

June 11, 2011

これはご機嫌!! 公園のハンモック

Img_111_05_7496_001

今日は土曜日なので、ウィーンの「公園の話題」をお伝えしましょう。

初夏を迎えたウィーンですが、 晴れると本当に気持ちが良いですね。何と言っても湿度が低いため、風が心地よく感じられます。部屋の中に居るのがもったいなくなってしまい、つい外へ出たくなります。

こちらにお住まいの皆さんは、冬の期間、日照時間が短いためか、春から夏にかけて、天気が良いと、公園で日光浴を楽しむ方を数多く見かけます。公園のベンチだけではなく、自宅からマットを持ってきて、横になる方もいらっしゃいます。そこだけ見ると、リゾート地の趣です

Img_111_05_7493_001

さて、先日、地下鉄U4のMargaretengürtel駅近くにあるBruno-Kreisky-Parkという公園を通りかかったところ、何とビックリ、公園内にハンモックが沢山かかっているではありませんか。そして地元の皆さんが、ハンモックに寝そべりながら日向ぼっこや読書などを楽しんでいます。これはご機嫌ですねぇ。ウィーン市内の公園でハンモックが利用できるとは、Feriもびっくり仰天です


Img_111_05_7497_001

はじめは誰か近くの住人が持ち込んだのかと思っていたのですが、かかっている数が結構多いこと、さらに公園の木を支柱にしていること、木に対する養生がしっかりしていることなどから、どうも素人の仕事ではありません。

ふと見ると、ハンモックをかけているスタッフの方がいらっしゃいました。どうやら公園当局から委託を受けた専門業者さんのようです(写真は作業を終えて、自動車に戻るスタッフの皆さま)。つまり、公園当局が市民へのサービスとして公園にハンモックをかけているという訳です。なかなか粋なサービスですね

Img_111_05_7499_001

この公園に隣接するMargaretengürtel駅付近には 軽食スタンドなどもありますから、天気の良い日は、ここでのんびりと日がな一日を過ごすことも乙な楽しみ方と言えるかもしれません。

しかし、市内の公園でハンモック。いかにもウィーンらしい光景ではありませんか。なお、このハンモックですが、総ての公園で、やっている訳ではなく、限定された公園で実施されているサービスのようです(区が独自に実施しているのかもしれませんね )。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 番外編 速報“ウィンナー・フェスト2012” | Main | これはビックリ インパクトのある広告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 速報“ウィンナー・フェスト2012” | Main | これはビックリ インパクトのある広告 »