« 四阿 いろいろ | Main | 「土管ホテル」に泊まろう!! »

July 08, 2011

変わったお店シリーズ20 水廻りのお店

Img_111_05_7462_001

今週の「変わったお店シリーズ」は、「水廻りのお店」のご紹介です。

家庭内の水廻り全般を取り扱っているお店というのは、日本にも多数ありますから、皆さまも別に珍しくない‥という気がするかもしれません。

では、なぜ、ウィーンの水廻り専門店を取り上げたのかというと、その eye ショーウィンドウに注目したからです。

日本では水廻りを専門に扱っているメーカーさんのショールームに行くと、実装例も含めてきれいに展示されていますが、一般のホームセンターや店舗になると、「資材扱い」になるためか、展示にはあまり力を入れていないような気がします。

Img_111_05_7474_001

が、ウィーンの水廻り専門店は違います。写真をご覧ください。実際、複数の店舗を見ましたが、いずれもショーウィンドウに水栓などが、きれいにディスプレイされているではありませんか。

この「きれいにディスプレイ」というのがミソなのですが、見ているだけでも、“取り替えてみたいなぁ”と思うような魅力的なデザインの水栓が並んでいます。まるで工芸品を展示しているかのようですね。こちらの水栓は、最近は日本でも多くなったレバー式が一般的ですが、色々なデザインのものがあるのですね。

Img_111_05_8162_001

しかし、なぜ、こういった住設資材を、店頭のショーウィンドウに展示しているのでしょうか。恐らくお店の方に伺えば、“当たり前じゃないか。これを商品として売っているからだろう”という当たり前の答えが返ってきそうです(変な質問をするヤツと思われるのは間違いありません)。

Img_111_05_7473_001

ただ、これには理由があって、こちらでは小規模な工事は、自分でやってしまう方(要するに日曜大工ですね)が多いため、こういった一般のお客さま向けに展示をしておくことで、ニーズが発掘できるのかもしれません。それにしても、こういった資材をきれいにディスプレイしてしまうところにセンスを感じますね。

もちろん資材だけ販売しているお店ばかりではなく、工事も行っているところもあります。写真のお店は、「24時間、365日対応」をうたっていました。確かに水漏れなどは、すぐに修理に来てもらわないと、集合住宅などの場合、たいへんな騒ぎになりますからね。しかし、こういった修理を行う水道工事店であっても、ショーウィンドウに水栓が並んでいるところが、興味深いところですね happy01


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店 |

« 四阿 いろいろ | Main | 「土管ホテル」に泊まろう!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 四阿 いろいろ | Main | 「土管ホテル」に泊まろう!! »