« ウィーンにもあった「ペテン師の小屋」 | Main | オットーさんのお葬式が、今日、執り行われます »

July 15, 2011

変わったお店シリーズ21 ウィーンの「赤いきつね」

Img_110_04_6673_001

今週の「変わったお店シリーズ」は、「ロゴが魅力的なお店」をご紹介しましょう。「赤いきつね」と言っても、別に日本のカップ麺ではありません。

国土の大半が山岳地帯のオーストリアでは、アウトドアスポーツとして登山やハイキングを楽しむ人が多いようです。Feriも夏は山岳リゾート地に行くことが多いのですが、ハイキングを楽しんでいる方を見ると「靴」に関しては、本格的な装備をしている人が多いですね。

そうなると、登山やハイキング用品を扱っているお店の中には、歴史の長いお店も沢山あるようです。

今日ご紹介する「BERG FUCHS」も、そんなお店の一つです。創業は1896年というから、さすがですねぇ。オーストリア最古の山岳スポーツショップだそうです。

Img_110_04_6667_001

ウィーンのお店ですが、伝統的なお店らしく、石造りの重厚な建物に入っています。最近では、隣にアウトドア用品を専門に扱うショップもオープンしました。ただ、こちらは普通のビルディング(と言っても近代的なビルディングではありませんが)なので、ちょっと面白みにかけますが…

Img_110_04_6670_001

山岳スポーツショップなので、取り扱っているのは登山用品が最も多いのですが、それ以外にも、スキー用品、ハイキング用品、アウトドア用品なども扱っています。

取り扱っている商品も、もちろん魅力的なのですが、何と言っても、看板に描かれているロゴマークが、なかなか魅力的です。店名が「山のキツネ」ですから、それに引っかけて「緑の山に赤いキツネ」をデザインしたのでしょう happy01

Img_110_04_6671_001

専門的な用具なども多数取り扱っているので、登山を趣味にしている方には、魅力的なお店でしょうね。なお、今回、ご紹介したのはウィーン店ですが、グラーツにもお店があります。ウィーン店は、西駅に近いKaiserstraßeにあります。

なお、長い伝統を誇るお店ですが、こういうご時世ですから、直営でネットショップも運営しています。伝統にあぐらをかくことなく、商売の形態を変えていくところが、見事ですね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店 |

« ウィーンにもあった「ペテン師の小屋」 | Main | オットーさんのお葬式が、今日、執り行われます »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンにもあった「ペテン師の小屋」 | Main | オットーさんのお葬式が、今日、執り行われます »