« 初めて見ました ボディペインティングの広告 | Main | 変わったお店シリーズ26 Brotの看板 »

August 18, 2011

楽友協会創立10周年

Img_114_08_9256_001

今日は「音楽にまつわるお話」です。

オーストリアの音楽に詳しい方はご存じかと思いますが、楽友協会という組織はオーストリアの町や村にもあります。

普通の人は、楽友協会=ニューイヤーコンサートを行うウィーン楽友協会を思い浮かべますが、実は色々なところにあるのですね。地元で音楽の啓蒙活動などを行っており、ブラスバンドを抱えているところもあります。

さて、2011年8月、ザルツブルク州南部にあるルンガウ(Lungau)という地域にあるThomatalという村にある楽友協会が創立10周年を迎え、盛大なイベントが繰り広げられました。

Feriが毎夏、お世話になっているホテルの女将が、“是非、行きなさい”と一押しのイベントでした。三日間あるフェストの中日が楽友協会創立10周年記念行事になっており、18時30分から開催されました。

Img_114_08_9264_001

Feriは17時頃、Thomatalの村へ行ったのですが、すでに村役場に隣接した空き地には仮設ビアホールができあがっており、何となく、記念式典の後の盛り上がりが予感されました。

17時30分頃から、自家用車やバスなどで周辺の街や村のブラスバンドが次々とやってきます。皆さん、独特のユニフォームに身を包んでいるため、郷土色豊かな行事という感じです。とにかく観客よりもブラスバンドのメンバーの方が多いような状況で、最終的には15近いバンドが集まりました。

これらのバンドは、日本と異なり街や村のバンドなので、メンバーは老若男女、様々です。ちょうど、日本の伝統芸能保存会という雰囲気でしょうか。当然、オラが街のバンドには誇りがあります。

Img_114_08_9252_001

18時30分までに総てのバンドが準備を整え、それぞれ三方向から会場となる村役場前(ちなみに村役場に楽友協会事務所が併設されています)にマーチを演奏しながら入場してきます。当然、ナレーターがバンドの所属をご紹介。会場からは盛大な拍手が送られます。何しろバンドの数が多いので、入場だけでも1時間ほどかかったでしょうか。

とりは当然、Thomatalのバンドです。全チームの入場が終わると、全体での演奏が行われ、記念式典が始まりました。こちらは、日本と一緒。来賓のあいさつや楽友協会創立に貢献した人に対する表彰などです。

そして、20時30分に「公式な式典」はお開きになりました。これからが、特設ビアホールでの祝賀会です。この祝賀会は、各地から駆けつけたバンドは無料ご招待(グループごとの座席指定)ですが、一般のお客さまも参加自由。

Img_114_08_9294_001

お祝いに駆けつけてくれたバンドの席には、当然のごとくビア樽が。席に着くなり、あちらこちらで、乾杯が始まりました。もちろん、ビアホールの特設ステージでは代表バンドによる演奏も行われました。ただ、通常と異なるのは、お客さまの大多数がバンド仲間…という点でしょうか。そのため、乗りの良い演奏を行うと、客席が異様に盛り上がります。

こちらでは、お行儀が悪いのですが、盛り上がってくると椅子の上に立ち上がって踊る習慣があります。飲んでテンションが上がるにつれて、スタンディングの人が増えること。

まぁ、すさまじい雰囲気になってきました。FeriはThomatalに泊まっていた訳ではないので、23時前には会場を後にしましたが、まだまだ盛り上がっているグループもありました。

祝賀会は別にして、ルンガウという比較的小さなエリアにも、これだけの地元ブラスバンドが存在し、お祭りなどで演奏しているところに、音楽大国オーストリアの底力を感じた気がします。今回はYouTubeで、その雰囲気をお楽しみください。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_austria_001

音楽 |

« 初めて見ました ボディペインティングの広告 | Main | 変わったお店シリーズ26 Brotの看板 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 初めて見ました ボディペインティングの広告 | Main | 変わったお店シリーズ26 Brotの看板 »