« 森の中の私書箱 | Main | 消防車の意外な使い方 »

August 29, 2011

卵の自動販売機で買いました(^^)/

Img_115_08_0446_001

先日、ご紹介した「卵の自動販売機」の記事には、皆さま、コメントを頂き、ありがとうございます。

“ぜひ、ご利用を!”というコメントを頂くと、つい、その気になってしまうFeriは、再度、「卵の自動販売機」を見かけたニーダーエスターライヒ州の某村を訪問しました。実は、この村ですが、自動車が使えると簡単に行くことができるのです(そういえば、去年はケルンテン州の「盆栽博物館」に行きましたね)。

皆さまのリクエストにお答えして、実際に使ってみました。が、その前にビックリしたこと。Feriが訪問したのは、月曜日の昼前だったのですが、何とFeriの前に地元のおばさまが、この販売機で卵をお買い求めになっているではありませんか

Img_115_08_0448_001

さらに、Feriが買った後も、別のおばさまが‥ いずれも地元の方のようで、手慣れた感じで卵を買っていきまいた。ということは、地元で提供のある「卵」ということができるでしょう。

さて、気になる「卵の出方」ですが、コインを投入して、しばらくすると「取り出し口から、商品を取り出してください」という音声案内が流れます(つまり、このアナウンスがあるまで、取り出し口の蓋はロックされています)。

Img_115_08_0447_001

このタイミングで、取り出し口のフタを上に引き上げると、中には、おなじみのパックに入った卵が置いてありました(出てきた‥というより「置いてあった」という表現がピッタリです)。

手に取って、これまたビックリ。何と保冷されているのです。恐らく、バックヤードの保管庫は保冷されているのでしょう。どうも、パックに張った卵は、後ろから押し出しているようです。

となると、バックヤードが意外に大がかりな可能性があります。バックヤードの仕組みも気になりますが、さすがにそれだけは、見ることはできませんでしたが‥実際、この自動販売機がビルトインされている建物は、写真のように意外と大きいのです。

Img_1819_001

さて、肝心の卵ですが、個数は1パック10個。こちらでは卵、一つずつに情報が印刷されています(情報の読み方はパッケージに印刷されていました)。

ちなみに、この卵の場合、2-AT-151307となっていましたが、この意味は、

2=Bodenhaltung (囲いの中で飼育しています)
AT=オーストリア産です
数字=生産者番号

となります。このように履歴がしっかり追跡できるようになっているのは、たいしたものです。また、賞味期限はパッケージに印刷されていましたが、一ヶ月弱でした。

Img_1811_001

Feriは、残念ながら食べていないのですが、友人のSさんに、半ば強引にプレゼントして、召し上がっていただきました。その時の写真をご覧ください。黄身に張りがあるので、新鮮な卵であることがよくわかります。これは美味しそうです。

気になるお値段なのですが、いつもお世話になっているスーパーマーケットBILLAでは、
Bodenhaltungの卵は10個で2.89ユーロだったので、正直、安いです。さすが、直販

なお、オーストリアでは鶏の飼育方法によって値段が違います。今回、購入した卵はBodenhaltungですが、の上にFreilandhaltung(番号は1、放し飼いで飼育)、Biologisch Haltung(自然飼育、番号は0)というのがあります。当然、値段は数字が少ないほど高くなるようです。

Img_1822_001

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、オーストリアでは鶏を鶏を狭い檻に閉じ込め、抗生物質入りの飼料で卵を工場式に大量生産することは禁 止されています。

反面、自然に飼育されている関係で、サルモネラ菌が付いている可能性が高く、生食には向きません。このあたりは、食文化の違いもあるのでしょうね。

という訳で、小さな村の「卵の自動販売機」で販売されている卵は、地元のおばさまもお墨付き、コストパフォーマンスに優れた逸品と言えそうです 。やはり産地に近いところは、良い食材が手に入るようですね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 森の中の私書箱 | Main | 消防車の意外な使い方 »

Comments

Feriさん、こんにちわ。とうとう卵を買われたのですね!びっくりな仕掛け、というかスゴイ機械だったのですね。地元の方になじんでいるようで、必要から生まれた、というか設置されたのですね。
「実践」ありがとうございました。

Posted by: はなこ | August 29, 2011 11:14

はなこさま

リクエストにお答えして買ってしまいました

それほど複雑な仕組みではなさそうですが、どれくらい卵のパックがストックしてあるのか、興味はありますね。これだけは、裏に回らないとわかりませんが。

とにかくFeriが一番驚いたのは、地元のおばさまが普通に買っていることでした。

Posted by: Feri | August 29, 2011 17:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 森の中の私書箱 | Main | 消防車の意外な使い方 »