« 萌えカイザー&シシィ | Main | こんなところに「みどりのハート」 »

September 02, 2011

番外編 東日本大震災被災者支援チャリティコンサート

Img_116_09_0504_001

毎週金曜日は「代わったお店シリーズ」をお届けしていますが、今日は、番外編として9月1日(ちょうど、「防災の日」でしたね)に、東京・六本木シンフォニーサロンで開催されたザルツブルク在住の佐藤智子さんたちが企画した「東日本大震災被災者支援チャリティコンサート」の模様をお届けしましょう。

今回、このコンサートを企画されたピアニストの山本実樹子さんは、震災後、被災地を訪問して、様々な活動をされています。当日は、被災地での支援の模様を紹介する写真、佐藤さんと山本さんが6月にザルツブルクで、地元の皆さまのご協力を得て行った「東北・三陸の母と子を助けるコンサート “Hilfe für Japanische Kinder”」の様子なども紹介されていました。

ザルツブルクでのコンサートでは、単に寄付金を集めるというだけではなく、日本の東北地方を、地元の皆さんに良く知ってもらおうというコンセプトで運営されたようです。このあたり、佐藤さん、山本さんのセンスが光りますね。

今回の六本木でのコンサートでは、佐藤さん、山本さんに加えて、クラリネットの白川毅夫さん、チェロの宮澤 等さんが加わりました。

Img_116_09_0519_001

曲目は「秋の東北」をイメージして、フルートとピアノによる「七つの子」「赤とんぼ」から始まりました。その後、ブラームスの「クラリネットソナタOp.120-2」(クラリネット&ピアノ)、フォーレの「ピエス」(フルート&ピアノ)、ニン・ホアキンの「二つのスペインの歌」(チェロ&ピアノ)、ピアソラの「タンティ・アンニ・プリマ」(チェロ&ピアノ)が演奏されました。

会場となった六本木シンフォニーサロンは、狭い会場なのですが、ホワイエが完備しており、休憩時間にはシャンペン(何とローラン・ペリエ!!)と牡蠣カナッペが無料でサービスされました。どこで調達したのかは存じませんが、グルメ方面に顔が利く佐藤智子さんの人脈によるものだと思います。佐藤さんのお友達にはグルメ派が多いので、この休憩時間は多いに盛り上がりましたね。そうそう、「ホルンダーのシロップ」というディープな食材を佐藤さんが、オーストリアから持参されていました。

Img_116_09_0517_001

さて、後半は、バッハの「フルートソナタBWV1030」(フルート&ピアノ)から始まりました。続いて、今回、興味深い試みだったのが、ピアノ伴奏を伴った朗読です。朗読を担当されたのは齊藤嵩也さん。小川未来さんの「二度と通らない旅人」の一節が紹介されました。ピアノとのコンビネーションも抜群で、心に響くお話でしたね。

その後、白川毅夫の「レクイエム」(クラリネット)、ピアソラの「ル・グランタンゴ」(チェロ&ピアノ)と続き、フィナーレは演奏者全員による「情熱大陸」(佐藤さんは「全員大陸」という言っていましたが…)でお開きとなりました。

月初の平日、しかも台風12号の接近による大雨が懸念されていたこともあり、お客さまがちょっと寂しかったのが残念ですが、盛り上がったコンサートになりました。また、参加者皆さまのお人柄が伝わる運営でした。

Img_116_09_0521_001

なお、前日の8月31日には、音楽を学んでいる子どもさんから「被災地の子どもさんへのメッセージと演奏」を中心としたコンサート・イベントが、同じ会場で開かれました。

Img_115_08_0533_001

なお、佐藤さんや山本さんは、今後も継続して音楽活動を通じた被災地への支援を行う予定だそうです。また、機会があったら、ご紹介したいと思います。皆さまの今後のご活躍をお祈りして、Feriは会場を後にしました。

なお、山本さんは、11月5日にリスト生誕200年を記念した「フランツ・リスト 降りそそぐ光の中で」と題した音楽劇を銀座ヤマハホールで開催するそうです。

佐藤さんは出演されませんが、宮澤 等さんや、今回、朗読を担当した齊藤嵩也さん等も出演されます。「芝居仕立てのコンサート」という興味深いコンセプトです。お時間のある方は、お出かけになったらいかがでしょうか。

最後に当日、会場にお越しいただけなかった皆さまにために、動画でコンサートの模様をご紹介しましょう。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

09_br_banner_tonbo


音楽 |

« 萌えカイザー&シシィ | Main | こんなところに「みどりのハート」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 萌えカイザー&シシィ | Main | こんなところに「みどりのハート」 »