« ちょっとやり過ぎ、ハイスピード・ローパス | Main | 楽しい水飲み場 »

September 05, 2011

僕は“歌って踊れるシェフ”

Img_114_08_9391_001

今日は「ちょっと変わったパフォーマンスの話題」をお届けしましょう。

夏の間、オーストリア各地で開かれるお祭りには、色々なパフォーマーが登場します。地元、オーストリアの方もいらっしゃいますが、お隣のイタリア当たりから出張してくるパフォーマーもいるようです。

毎年、夏にFeriが滞在しているザルブルク州の某所でイタリアン・ナハトなるイベント行われたのですが、その際も、子どもさんが喜びそうなマジックショーにも、「アラジン」なる芸名のイタリア人が登場していました

Img_114_08_9397_001

このマジックショーの前に登場したのが、今日、ご紹介する「一風変わったシェフ」です。実は、Feriは終わりの頃に見始めたのですが、特設ステージの上には、何と厨房がセットアップされていました。

で、そのオープンスタイルの厨房で、イタリア人シェフが、何と、歌いながらイタリア料理(Feriが見ている時はパスタでした)を作っているのです。手は調理に使っているので、マイクは頭にセットされていました。

で、凄いのは厨房にはマイクミキサーも設置されており、料理をするだけではなく、カラオケなどの音響調整も自分で行っていました。

Img_114_08_9388_001

で、出来上がった料理は、お客さまにプレゼント(無料だったようですが、未確認)。なかなかのイケメンシェフなので、女性のお客さまが大喜び。料理を作り終わったところで、今度は、フライパンをギターに持ち替えて歌を披露していました。

いかにも「イタリア人的なノリ」で、地元オーストリアのお客さまも大喜びでした。さすがに、料理をしないで歌っている時の方が、ノリノリでしたが、おもしろいパフォーマンスがあるのですね。

それにしても、コックさんのユニフォームが決まっていますね。恐らく、お料理の腕も、なかなかだと思います

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« ちょっとやり過ぎ、ハイスピード・ローパス | Main | 楽しい水飲み場 »

Comments

いつも楽しく拝見させて頂いております。ちょっと話題が外れてしまい恐縮なのですが・・・オーストリア絡み、と言うことでお許しを。
 セキュリティーソフトのKASPERSKYが、これまでのジャストシステムから離れて、本社直轄の日本支社?を立ち上げたとのこと。(最近、知りました!)
http://usa.kaspersky.com/
 世界各国の現地法人のリストですが、西ヨーロッパの中で、何とオーストリアが最上段に!
 アルファベット順?かとも考えられなくもないのですが、ならばスイスの扱いは?
 同じ言語圏で揃えるのならば、”ドイツ、オーストリア、スイス”と並べれば良いのでは・・・とも感じてしまいました。
 KASPERSKY社はロシアと関係が深そうですが、何か特別な事情も加味されているのでしょうか?(ちょっと偏見かもしれませんが)
 それとも、オーストリア国内でのKASPERSKYのシェアーがダントツ!?・・・だからなのでしょうか?
 複数の国を併記するなど、何となく違和感を覚えてしまいました。
 Feri様は、如何、お考えになられますでしょうか?
 全く、つまらない質問で、どうかお許し下さいませ。

Posted by: uesama56 | September 06, 2011 09:07

uesama56さま、コメント、ありがとうございます。

ひねくれ者のFeriは、実はKASPERSKYの愛用者です

開発者と本社はロシアですよね。このロシアというのが良いのですよ。いかにも西側ソフトの穴を見つけられそうで‥(冗談ですが)。

詳しく調べたことはありませんが、オーストリアは永世中立国だったため、昔は東側諸国との関係が深かったですよね。その名残かもしれません。

今度、調べてみましょう。

Posted by: Feri | September 06, 2011 13:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ちょっとやり過ぎ、ハイスピード・ローパス | Main | 楽しい水飲み場 »