« 変わったお店シリーズ28 蜂蜜売ります | Main | 空港のターンテーブルに出てきたものは‥ »

September 10, 2011

走っているところが見たい「木製トレーラー」

Img_114_08_9413_001

今日は「トレーラーの話題」をお届けしましょう。

日本では、キャンピングカーも含めて、非商業用のトレーラーというのは、余り見かけませんね。しかし、こちらでは、夏のバカンスシーズンはトレーラーが大活躍します。リゾート地やリゾート地に向かうアウトバーンなどでは、様々なトレーラーを見かけることがあります。

今夏、ザルツブルク州の田舎へ行く途中、アウトバーンではキャンピングカーが自家用車を搭載したトレーラーを牽引している姿を目撃しました(写真を撮りたかったのですが、残念 )。

これは乗用車が故障したのではなく、目的地では乗用車で移動しているのでしょう。ボートを載せたトレーラーはよく目にしますし、乗馬用の愛馬を載せたトレーラー、グライダーを搭載したトレーラーなども見かけることがあります。

とにかく、このトレーラーを見ると、遊ぶことにかけては気合いが入りまくっていることがわかります(もっとも、オーストリア人だけではなく、ドイツ人なども多いですが‥)。それにしてもトレーラーを平気でおける住宅に住んでいる訳ですから、それがうらやましい。

さて、今日、ご紹介するのは、これまたビックリ、木製のトレーラーです。これはザルツブルク州の山間部にある某村で発見(正に、この言葉がピッタリ)したものです。

Img_114_08_9412_001

実は、最初は「単なる物置小屋かな」と思ったのですが、よく見ると後部にはタイヤが‥そして、写真の手前には牽引用のバーが付いているではありませんか。これは、まさしくトレーラーの仕様です

通常、キャンピングカーなどの場合は、側面に窓があるのですが、このトレーラーは、側面には窓がありません。唯一、牽引用のバーが付いている側に、普通の住まいに見られるような窓があるだけです。

さすがに私有地の奥に止めてあったので、中に入って詳細を観察することは出来なかったのですが、不思議な仕様です。ただ、側面の木が一枚物ではなく、二つに分割されているところから、もしかすると使用時には、ビアトレーラーのように側面を上に上げて、軒代わりになる可能性は考えられます。

また、屋根の構造が、普通の民家のようになっているところも、興味深いですね(通常のキャンピングカーはフラットになっています)。正に「走る小屋」といった趣です。そもそも、木造トレーラーは法令に違反しないのでしょうか(日本だと、ダメそうですが‥ )。

で、問題は、この木製トレーラーの用途です。キャンピングカーなのか、それとも何か物販用のトレーラーなのか‥残念ながら何も表示が出ていないこともあり、Feriにはわかりませんでした。そもそも、今も現役のトレーラーなのか、それとも今はトレーラーを引退して物置小屋に転身しているのでしょうか。

ただ、田舎道を走っていたら、突然、こんな木製トレーラーが走ってきたら、さぞやビックリするでしょうね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_austria_001

街角の話題 |

« 変わったお店シリーズ28 蜂蜜売ります | Main | 空港のターンテーブルに出てきたものは‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わったお店シリーズ28 蜂蜜売ります | Main | 空港のターンテーブルに出てきたものは‥ »