« メルビッシュの「焼き鳥」 | Main | 番外編 東日本大震災被災者支援チャリティコンサート »

September 01, 2011

萌えカイザー&シシィ

Img_114_08_9734_001

9月最初の話題「萌えキャラのお話」です。

日本では、最近は「萌えキャラブーム」爆発中です。各地に「ご当地キャラ」が色々と生まれていますが、その多くは、今流行の「萌え系」ですね。さらに、自衛隊の隊員さんを募集するポスターにも萌えキャラが‥

ただ、さすがにオーストリアでは、日本のような萌え系キャラは、あまり見かけませんでした(日本から来た輸入ものは除きます)。

さて、先日、バード・イシュルで写真のような「萌えキャラ入りの缶入り飲料」を発見しました。まず、キャラを見てビックリ。

何と、あのカイザー・フランツ・ヨーゼフⅠ世エリーザベトではありませんか。まさか、カイザーとシシィが萌えキャラ化されるとは思ってもみませんでした。

Ivi_002

このキャラは、どこがデザインしているのか気になったので、この缶飲料に記載されていたアドレスからメーカーを捜してみました。

このキャラは、グラーツに本社があるBrainBug Designがデザインしたようです。この会社ですが、「LOVELEY eye」というオリジナルのキャラクターをデザインしています。どうやら、カイザーとシシィの萌えキャラは、この「LOVELEY eye」を元にデザインしたようです。

Img_114_08_9735_001

ご参考までに、この会社のWebサイトはこちらです。

この萌えキャラが描かれた缶入り飲料ですが、清涼飲料かと思いきや看板には「SEKTDOSE」の文字が‥ そう、缶入りのセクト(シャンペン)なのです。

アルコール分は10.5%、200ミリリットルでした。気になるお値段は3.5ユーロ。オリジナル商品だけあって、ちょっとお高いですね。バード・イシュルのお土産にいかがですか。

Img_114_08_9768_001

ところで、バード・イシュルでは、現在、カイザーワイン(KAISERWEIN)というブランドのワインが発売されています。白、赤に加えてロゼもラインナップされています。

しかし、このあたりはワイン生産に必要なブドウの有力栽培地域がありませんから、どこかで作っているのだろう‥と思ってもらったパンフレットを確認したところ、案の定、ワインの大生産地、ノイジードラーゼーにあるOggauでした。これならば、品質も安心できますね。

先日の「皇帝の散歩」でも屋台を出して、盛んにPRしていましたね。このワインですが、レハール・フェスティバル50周年記念ワインにも起用されていると、屋台のおじさんが自慢していました。

とにかくカイザーの名前を冠すると、売れるのでしょうかね。今もバード・イシュルの経済に貢献するカイザー。ご本人は、どのように感じていることでしょうか。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グッズ |

« メルビッシュの「焼き鳥」 | Main | 番外編 東日本大震災被災者支援チャリティコンサート »

Comments

Hello to Japan!

Nice to see my cans on your page! The story behind these cans is 3 years old. 2008 I made the bridge-gallery in Graz www.bridge-gallery.at with iVi~Eyes (it´s the heart with the big eyes). I created these emoticons for messages you want to say with a good feeling. I don´t know what "moes" are, but the cans with figures with the big eyes are GLOONKYs. I created it to wish somebody good luck. You will find this cans with champagner (and non alcoholic liquid) in austria especially in the next month, when it is time to say "Happy new Year" with special motives. Also there are mugs with "Mozart" with big eyes and many other products. In Austria we have a lot of products of Hello Kitty --> so it would be interesting to have my products in Japan :-)

best wishes to you
Markus Harpf
Designer

Posted by: Markus Harpf | September 02, 2011 22:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« メルビッシュの「焼き鳥」 | Main | 番外編 東日本大震災被災者支援チャリティコンサート »