« お隣の屋根を「ひと跨ぎ」 これ、いいの? | Main | アヒルちゃんの“カイザー&シシィ” »

October 21, 2011

変わったお店シリーズ33 木製玩具の専門店

Img_116_09_0874_001

今週の「変わったお店シリーズ」は「正統派のお店」をご紹介しましょう。

古くからドイツやオーストリアには、木で作ったおもちゃがあります。最近では、昔と比べて色々なおもちゃが出ていますので、相対的に品数は減っているようです。しかし、それでも昔からの製法を守り続けて、商品を製作している会社もあるようです。

先日、ウィーン市内を歩いている時に、商店が連なる一角で、写真のようなお店を見つけました。

Img_116_09_0875_001

お店のファザードが緑色一色というシンプルなデザイン。また、大きなショーウィンドウが特徴です。さて、何のお店かというと「木製玩具の専門店」でした。

屋号は「SPIELWURM」と言うようで、芋虫をモチーフにしたロゴマークが店頭に描かれています。しかし、かわいくデザインしてあるとは言え、ロゴマークが芋虫というのは変わっていますよね。

Img_116_09_0874_002

屋号の下には「PÄDAGOGISCH RICHTIGE SPIELE HOLZSPIELZEUG」と書かれているので、木製玩具だけではなく、知育玩具も扱っているようです。Feriは店内には入りませんでしたが、ショーウィンドウから見ると、知育玩具も木製のものが中心になっているようです。

今のおもちゃと異なり、木製ならではのシンプルで温かみのあるデザインのものがたくさん並んでいました。小さいお子さん向けであるためか、全て角が丸く仕上げてあるものもありました。

ただ、手作りであるためか、ショーウィンドウに飾ってある置物風のおもちゃでも25.9ユーロ。高いかどうかは、皆さまのご判断にお任せします。

Img_116_09_0876_001

このほか、天井から吊すモビール風のおもちゃなども展示されていました。デザインが良いおもちゃが多いので、子どもさんだけではなく、大人のコレクターもいそうな感じがしますね。

そうそう、ショーウィンドウからは懐かしい風車も見えました。

しかし、木製玩具の専門店というのもあるのですねぇ。今度、時間がある時に、ゆっくり訪問してみたいと思っています。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店 |

« お隣の屋根を「ひと跨ぎ」 これ、いいの? | Main | アヒルちゃんの“カイザー&シシィ” »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お隣の屋根を「ひと跨ぎ」 これ、いいの? | Main | アヒルちゃんの“カイザー&シシィ” »