« 番外編 「フランツ・リスト 降りそそぐ光の中で」 コンサートご紹介 | Main | ホイリゲで出てきたモノは‥ »

October 18, 2011

謎のピクトグラムシリーズ Rattenにご注意

Img_116_09_1542_001_2

今日は久しぶりに「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。

日本でも、本格的な冬を前に、札幌市内に熊が出没したというニュースが報じられています。なかなか都会で野生動物と共存するのは難しいですね。

さて、先日、ウィーン市内の公園で写真のようなピクトグラムを見つけました。上の左側が「ゴミはくずかごへ」、上の右側が「犬はリートにつないで‥」、そして下の左側が「公園の花は盗らないで」、そして右下が、今回のメインテーマです。

今まで余り見かけたことのないもので、絵はRatten。Rattenと言っても、オペレッタ「こうもり」や「メリーウィドウ」に出てくる夜の社交場に出没する「妖艶な女性」のことではありません。本物のネズミです。

Wer Tauben füttert,füttert auch Ratten」と説明がついているので、「鳩が餌を与えるとネズミが持って行ってしまいます。」“鳩が増えるとネズミも増えますよ”といったニュアンスなのでしょうか。しかし、鳩が増えると、なぜ、Rattenも増えるのか? 生態系のことはよくわかりません

Img_116_09_1542_002

日本でも、都会に出没する野生動物に人間が餌を与えると、結果として、様々なトラブルを引き起こすことが多いようです。代表例は、兵庫県のイノシシでしょうかね。

ウィーンの公園にも鳩はいますから、公園に集まった人たちが鳩に餌をやると、実は、影に隠れていたRattenがやってきて、それを横取りしてしまう‥結果として、Rattenが増えて、色々と社会問題を引き起こす‥ということなのでしょう。

このRattenですが、日本で言うところの「ドブネズミ」だろうと思われます。日本でもニュースになることがありますが、都会に住むドブネズミは貪欲な上に、どう猛なので電線や電話線のを食いちぎってトラブルを引き起こします。そういう意味では、害獣と言えるかもしれませんね。

しかし、このピクトグラムのネズミ君。拡大してみたところ、貪欲な悪党面なのですが、目が笑っているように見えませんか? ネズミ君の「高笑い」が聞こえてきそうな感じがしますね(ネズミは笑わないかな?)。こういったデザインセンスは、ウィーンならでは‥と言うところでしょうか

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 番外編 「フランツ・リスト 降りそそぐ光の中で」 コンサートご紹介 | Main | ホイリゲで出てきたモノは‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 「フランツ・リスト 降りそそぐ光の中で」 コンサートご紹介 | Main | ホイリゲで出てきたモノは‥ »