« 変わったお店シリーズ36 ウィーンの蜂蜜専門店 | Main | ウィーンの地下鉄、最近の話題 »

November 12, 2011

11月26日にU6のJosefstädter Straße 駅仮オープン

Img_116_09_0745_001

本格的な修復工事の実施に伴い閉鎖されていた地下鉄U6のJosefstädterstraße駅が、11月26日に借りオープンすることが決まりました。

11月26日に仮オープンとなったのは、 アドヴェント に入り、 買い物のお客さまが増えることを考慮したものだとか。いかにもウィーンらしい理由ですね。

というのもJosefstädterstraße駅は、旧市街方面や郊外に延びる路面電車路線の接続駅になっており、ここが使えないと不便なお客さまが多いからです。

ただ、駅舎の工事が完了していないため、駅舎の内部に入ることはできず、駅舎の外側に設けられた仮設階段を利用してホームへ登る(この区間は高架なので‥)ことになります。それにしても、ホームを利用できるように工事を急がせただけでも、たいしたものです。

2011_11_u6_001

実際、Josefstädterstraße駅を通過する列車から見たホームの工事状況では、とても年内には営業再開が難しいように見えましたからね。

また、外に仮設される階段だけではなく、リフト(エレベーター)を使って、ホームへ行くこともできるようになっていますので、車いすやベビーカー利用者も安心です。

Img_116_09_1333_001

なお、駅舎ファサードのリニューアル工事は、2013年までかかる予定なので、オットー・ワグナーが設計した美しい姿を見るのは、しばらく先になりそうです。これだけ時間がかかるのは、本来の美しい姿を保持しつつ、最新の設備を導入するためだそうです。普通の保存建造物と異なり、「現役の駅」ですから、その点も考慮しているのでしょう。

余談ですが、現在、復元工事が進められている東京駅丸の内駅舎ですが、こちらは復元に合わせて耐震補強工事も同時に行われているそうです。こちらは2012年6月の竣工が予定されており、一足先に美しい姿を見せてくれるようです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 変わったお店シリーズ36 ウィーンの蜂蜜専門店 | Main | ウィーンの地下鉄、最近の話題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わったお店シリーズ36 ウィーンの蜂蜜専門店 | Main | ウィーンの地下鉄、最近の話題 »