« ウィーンの幼稚園 | Main | 超番外編 全日空“ドリームライナーB787”国内線プルミエレポート »

November 01, 2011

集合住宅の煙突‥色々

Img_109_03_4801_001

早いもので、今日から11月。残すところもあと、2ヶ月となりましたね。

さて、今日は,冬の暖房には欠かせない「煙突のお話」です。こちらでは、集合住宅でも煙突がついている建物を沢山見かけます。

しかもクラシックなデザインの集合住宅だけではなく、比較的新しい(と思われる)集合住宅にも煙突がついているのです。

以前、「薪を使う機具を専門に扱うお店」をご紹介したことがありますが、こちらはで、まだまだ暖炉を使うお宅が多いようです。となると煙突が必要‥ということになるのでしょう。このあたり、安易に電気などの暖房器具に全面移行しないところが、ウィーンらしいというか‥やはり伝統を大切にするお国柄なのでしょうかね

Img_109_03_5129_001

さて、戸建ての場合、煙突の処理はさほど難しくありませんが、集合住宅となると、結構大変なようです。というのは、各戸から出た煙突を処理しなくてはならないからです。また、こちらの市街地では、日本と異なり集合住宅が連なっているため、高さが異なる場合、隣の建物に対する配慮も必要になります。

という視点で、屋根の上を見ると、まぁ、興味深い光景を目にすることができました。

Img_109_03_5130_001

一般的な処理方法は、屋根の上にまとめて煙突を設置するという方法です。これだとメンテナンスも、比較的楽そうです。ただ、煙突、そのものは独立しているのが興味深いですね。

問題は、隣の建物と高さが極端に違う場合です。二枚目の写真は西駅近くの建物ですが、隣は近代的な中層ビルディング。煙突を使っている建物は古い四階建て。で、どう処理しているかは写真をご覧ください。

各戸から出た煙突の配管を「くの字型」に曲げて、隣のビルディングの壁面に沿わせています。しかも、左右に分けて。そして、上部で集合。このデザインですが、もはや芸術的な領域に入っています。造形美と言ってもよいでしょう。この煙突配管を設計したエンジニアの方のセンスが感じられます。

Img_109_03_5265_001

隣に建物がある場合の処理方法ですが、もう一つのパターンは各戸の煙突をまとめて、ケーシングで覆い、隣の建物壁面に沿わせるというものです。この場合は、先ほど「くの字型」ではなく、ストレート方式になります。ある意味、ポピュラーな処理方法かもしれません。ただ、このパターンが使えるのは煙突の本数が少ない場合に限られるようですね。

最後のお目に掛けるのは、屋根が傾斜している近代的な高級集合住宅の例です。写真手前に煙突が折れ曲がっていますが、理由はわかりますか?

Img_116_09_0933_001

そう、実はこの屋根、一部がガラスになっており、反対側がルーフバルコニーになっているのです。そのため、ルーフバルコニーの上にあるガラスに排気がかからないように、反対側を向けているようです。ただ、こういった処理をすると、排気効率が下がるようなので、実際問題として、使い勝手が良いのかどうかは不明です。

ウィーンだけではありませんが、まだまだ色々な煙突処理パターンがあると思うので、これからもチャンスがあったら、上を向いて歩こうと思います

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

11_br_banner_forest


街角の話題 |

« ウィーンの幼稚園 | Main | 超番外編 全日空“ドリームライナーB787”国内線プルミエレポート »

Comments

Feriさん、こんにちは。
毎回楽しく拝見しています。しかし、Feriさんはいろんなところを見ていますね。感心を通り越して尊敬です!
ポピュラーな煙突はともかく、くの字の煙突はまさに「街のパイプオルガン」ですね。
街中であんまりキョロキョロしてると怪しい人と間違われるのでご注意を。でも、これからも楽しい珍しい話題を期待しています。

Posted by: はなこ | November 01, 2011 09:55

はなこさま、ご忠告、ありがとうございます。

その当たりは気をつけるようにしております。

Posted by: Feri | November 01, 2011 18:37

 初めてメール致します。私の記憶ではヴィーンの建物は
法律で煙突を付ける様に決められていると覚えておりましたが、今は違うのでしょうか。それとも私の記憶が間違っているかもしれません。お教え下さい。煙突掃除のおじさん達は(若い人もいますが)ギルドを形成していて立派に食べていける仕事だとも聞きました。長い煙突掃除のブラシを輪にして肩に担いだ煙突掃除屋さんをたまに見かけました。煙突掃除も年に一回はしないとならないと言っていたような気がします。感想より質問になってしまい申し訳ありません。失礼をお許しください。

Posted by: ハンドルネーム:ウィーン | November 01, 2011 20:31

ハンドルネーム:ウィーンさま、ご指摘、ありがとうございます。

現在でも煙突掃除は健在で、集合住宅ではシーズンになると掃除予定の張り紙が掲出されています。当然、賃貸住宅の場合は、管理料に上乗せされているそうです。

なお、煙突の設置義務については、後日、調べてみたいと思います。

Posted by: Feri | November 01, 2011 23:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンの幼稚園 | Main | 超番外編 全日空“ドリームライナーB787”国内線プルミエレポート »