« 自転車盗難対策 | Main | ウィーンのCafeが「無形文化遺産」になりました »

November 21, 2011

歴史的なオーストリア銀行旧本店が火災に‥

2011_11_18_001

先日、ドナウ運河に浮かぶレストラン船の火災についてお伝えしましたが、今度は陸上、しかも歴史的な建物で火災が発生しました。

Am Hof広場に面した旧オーストリア銀行旧本店の建物で11月18日の早朝(現地時間)、火災が発生しました。鎮火には18日の午後までかかりました。

実は当ブログでも何回かご紹介していますが、この建物の斜め向かいにはウィーン市消防本部があり、消防自動車も多数待機しています。その向かいで火災が発生し、すぐに消防車が駆けつけたにもかかわらず、鎮火までに半日かかったというのは、消防当局としても残念なことだと思います。

2011_11_18_002

Feriも長らく愛用していた本店でしたが、現在は閉鎖されており、ホテル(パーク・ハイヤットらしいですが‥)への改装工事中だったようです。歴史的な建造物に指定されているのですが、豪華な広間や階段は全て焼失したという情報が入ってきています。

Img_116_09_0706_001

火災の原因は現在調査中のようですが、老朽化が原因とも言われています。何しろ1900年代の建物ですからねぇ。現在、改装工事中だったことも遠因かもしれません。

オーストリア銀行の旧本店だっただけにFeriとしても、残念でなりません。営業中でなかったことが不幸中の幸いですが、今後、ホテルとして再建されるのかどうか、気になるところです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 自転車盗難対策 | Main | ウィーンのCafeが「無形文化遺産」になりました »

Comments

火事の続報が入ってきました。
消火が遅れた要因ですが、Am-Hof広場には、クリスマス市が立っており、そのため広場が自由に使えず、消火活動に時間がかかったようです。

この建物の現オーナーは、旧市内に数多くの不動産をもつ、30代半ばのチロル出身の投資家Benkoさん。

重要文化財だった内装や天井はすべて復元すると言っているそうですが、それではホテル開業が大幅に遅れることになります。さて、どうなるのでしょうか。

出火原因ですが、改装工事作業者の後片付けの不始末という見方が強まっています。

Posted by: Feri | November 28, 2011 08:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自転車盗難対策 | Main | ウィーンのCafeが「無形文化遺産」になりました »