« 新しい鉄道運行会社が誕生 | Main | ウド・ユルゲンスさんはオーストリアのご出身です »

November 07, 2011

“ヨハン・シュトラウス”が炎上

Img_8023_001

今日は「先週末に発生した火災のニュース」です。

11月4日に、「ヨハン・シュトラウス」が炎上しました 。と言ってもシュタットパークにあるリニューアルされた像の方ではなく、フランツ・ヨーゼフ・カイのドナウ運河に係留されているクラブ船「ヨハン・シュトラウス号」です。

昔の遊覧船をクラブ用に改造した船で、皆さまの中にもご覧になった方が多いかと思います。たしか、日本人観光客の皆さまもツアーでも訪れることがあるとか聞いています。

火事はレストラン船の厨房から発生したようで、偶然、クラブ船にいた警察官が発見し、素早く消防に連絡したため、当日、クラブ船に乗船していたパーティーのお客さま50名は、全員、無事、避難することができたそうです。新聞報道によると、火災はかなり激しかったようで、煙が船内に充満していたようです。

2011_11_11_001a

人的被害がなかったのは不幸中の幸い‥というところでしょうか。いくら岸に係留されているとは舩とは言え、船の場合、乗降口が限られていますから、最悪の場合、川に飛び込んで‥というケースも考えられますからね。火災原因は調査中のようですが、厨房の油に引火した可能性が高いようです。

この舩、クラブ船になったとは言え、なかなか趣のあるスタイルをしていただけに、これで廃船になってしまうとなると、ちょっと残念ですね。新聞社のWebサイトを探してみましたが、残念ながら火災で炎上した後の写真は見つかりませんでした。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

11_br_banner_takibi


ニュース |

« 新しい鉄道運行会社が誕生 | Main | ウド・ユルゲンスさんはオーストリアのご出身です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 新しい鉄道運行会社が誕生 | Main | ウド・ユルゲンスさんはオーストリアのご出身です »