« さようならダニーロ、もうマキシムへ行けない そして‥ | Main | 変わったお店スペシャル ブタ君グッズの屋台 »

December 29, 2011

いずこも同じ 「恋人の聖地?」を発見

Img_119_12_2985_001

このところ、グラーツの話題をご紹介していますが、今日も「グラーツもの」です 。中央駅からハウプトプラッツへ向かう路面電車がムーア(Mur)川を渡ります。この橋の上からは、例の時計塔もよく見えます。

さて、今回、クリスマス市や電飾を見物するため、この橋を歩いていたのですが、橋の欄干に妙なモノを見つけました。

Img_119_12_2987_001

この欄干は金網になっているのですが、ここに大量の南京錠が取り付けられているのです。大きさや色もまちまち。南京錠にはお名前や頭文字が書かれているようです。中には名前が書かれた看板を南京錠で固定しているものもありました(気合いが入っていますねぇ)。

Img_119_12_2984_001

日本でも、「恋人の聖地」と称して、 ここに恋人同士が鍵を取り付けると、二人の中が永遠に続く‥ みたいな場所があるようですが、これと同じだと思います。

グラーツは四つも大学があり、学生さんが多い街なので、こういったものが流行るのはよくわかります。ただ、なぜ、ムーア川の橋が「お約束の場所」になっているのかは、存じませんが、こういったものは、世界共通なのですね。これにはFeriもちょっとビックリしました。

最も海外で流行っていた「しきたりや風習」が、日本に入ってきたという可能性もあるかもしれませんが、どこが「発祥の地」なのでしょうね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

12_br_banner_snowball


街角の話題 |

« さようならダニーロ、もうマキシムへ行けない そして‥ | Main | 変わったお店スペシャル ブタ君グッズの屋台 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« さようならダニーロ、もうマキシムへ行けない そして‥ | Main | 変わったお店スペシャル ブタ君グッズの屋台 »