« 屋根があります 自動販売機 | Main | すっかり騙されました AISOS騒動 »

December 14, 2011

ブルスト・ザラートはいかが?

364_6458_img_001

今日は「お料理のお話」です。

その昔、日本でもハムサラダという料理がありました(今もあるのかな?)。ちょっと厚手に切ったロースハムが野菜の上に乗っているというパターンが多く、マヨネーズをつけて頂きます。

洋食屋さんのメニューにあったような気がします。そうそう、その昔、国鉄と言っていた時代の長距離列車に連結されていた 食堂車で食べた記憶があります(これとビアで粘った記憶があるのですが )。親友の○○さん、覚えていませんか?

さて、オーストリアではブルスト・ザラートというお料理があります。一見すると、かつてFeriが日本で食べていたハムサラダの親戚のような感じがするのですが、実は、かなり趣が異なります。

写真をご覧になるとわかるように、ビアブルストと呼ばれるサラミに近いような感じのブルストを使っています。日本でも最近ではビアブルストを見かけるようになりましたが、こちらのものは脂身の量が多いような気がします‥

で、ザラート(サラダ)ですから、その上にタマネギやピクルス、ゆで卵などが載せてあります。もちろん、脂たっぷりのドレッシングが沢山かかっているのは言うまでもありません。このドレッシングが、好みに合うかどうかもポイントかもしれませんね。味が単調な場合、正直、飽きてくることがありますので‥

いわゆる「冷菜」の一種ですが、Feriの感覚からすると軽食というのは、ちょっとヘビーな感じがします。お店によってはスライスしたシュヴァルツブロート(黒パン)を付けてくれるとこともあったような気がします(別にオーダーしても良いのですが‥)。

ビアやワインと一緒に食べると美味しいお料理ですね。皆さまも、機会があったら、お試しください。こちらでは、寒い時期でもお部屋の中は、日本よりも暖かいので、こういった冷菜も美味しく頂くことができます。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング |

« 屋根があります 自動販売機 | Main | すっかり騙されました AISOS騒動 »

Comments

こんにちは。
ホイリゲでもよく食べますが、私が知っている限りでは写真のようなソフトサラミではなく、ボロニア・ソーセージの方が多いですね。
内容は二種類あって、
写真のようにソーセージをスライスしたものに野菜を添えた物
ソーセージと胡瓜等を細く切って混ぜ合わせた物

個人的感想では、前者はサラダというよりソーセージの盛り合わせ野菜添え、後者がソーセージ・サラダですかね。

オーストリアは暖かい物を日本のように頻繁に食べないので、ハムやソーセージを使った料理が豊富ですね。

そうそう、写真のようなソーセージ・サラダの場合はそのままでもワインに合いますが、西洋山葵を少々絡ませると、すっきり辛口のオーストリアワイン(白)にぴったりです。

Posted by: Kino_San | December 15, 2011 08:25

Kino_Sanさま、こんにちは。コメントをいただいたのに、お返事が遅れて申し訳ございません。師走でバタバタしておりましたので‥

>ソーセージをスライスしたものに野菜を添えた物
>ソーセージと胡瓜等を細く切って混ぜ合わせた物

おっしゃるとおりです。西洋山葵‥これ、美味しいですよね。そろそろ食べたくなってきました。

Posted by: Feri | December 16, 2011 09:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 屋根があります 自動販売機 | Main | すっかり騙されました AISOS騒動 »