« オーストリア国鉄のKinderKinoとは? | Main | すごい看板! さて、この場所は? »

January 11, 2012

“HalloWien” CAR2GOがスタート

Img_119_12_2843_001

new 今日は「新しい公共交通機関の話題」をお届けしましょう。

先日、地下鉄の駅で映像式の広告を見ていたら「HalloWien」という文字とともに、スマートスタイルの映像が出てきました。

スマートスタイルそのものは、以前からウィーン市内でもよく見かけるので、別に新発売‥という訳ではありません。実は、この広告はCAR2GOという新しいカーシェアリングシステムのものだったのです。

Img_119_12_2845_001

日本でも、一部の地域ではカーシェアリングシステムが導入されていますが、会員さんが車を共有して利用するシステムですよね。短時間のレンタカーと言ってもよいかもしれません。

CAR2GOの特長は、「街の中を移動すること」に特化していることでしょう。そのため、自動車は二人乗りのスマートスタイルに統一されています。スマートスタイルは、ほとんど荷物を置くスペースがありませんから、実質的には都市内での「人の移動」が主たる用途です。

Car2go_003

その後、実際のFeriもマイドリンクのショッピングゾーンでCAR2GOのスマートスタイルを見かけました。冒頭の写真が、CAR2GOの車です。

で、CAR2GOの「売り」は使用料金が安いことでしょう。燃料、各種サービス、税金、保険、メンテナンスなどが全て含まれていて1分間29セント(今のレートなら30円以下ですよ!! happy01 )。この分単位の料金体系というのが、街乗りを意識している証拠です。また、一時間では12.90ユーロだそうです。

色々と調べようと思ってCAR2GOのWebサイトを見たところ、使用できるエリアは図のようにウィーン市内に限定されているようです。このWebサイトでは、現在、利用できる車が、どこにいるかがわかるようなシステムになっており、ここから予約ができるようです。

車がいる住所や車両番号といった基本情報に加えて、ごていねいに現在の燃料残量まで表示されます(どうやって情報を収集しているのか、興味がありますが‥場所はGPSで特定しているのでしょうが‥)。たまたまFeriが見たときには、208台の空車がありました。

Car2go_004

使用するのは会員登録をする訳ですが、ウィーンは街も狭いので、ちょっと移動したいという時には便利かもしれません。

なお、キャンペーン期間中なので、ユーザー登録すると60分間無料で使用できるそうです。

Car2go_005

このCAR2GOですが、ウィーンだけではなく、北米(ワシントンDC、サンディエゴ、オースチン、バンクーバー)や他のヨーロッパ諸国(アムステルダム、ハンブルク、デュッセルドルフ、ウルム、リヨン)でも導入されています。どちらかというと、ウィーンは後発なのかもしれません。

最近、日本でも街中にあるコインパーキングから車を短時間だけ借りるカーシェアリングシステムがスタートしていますが、それに近い感じがしますね。ちなみに日本ではタイムズプラスというシステムの場合、初期費用・月額基本料金を除くと15分間200円で利用できるそうです。

今年、ウィーンでは市内の公共交通機関の運賃が上がるようなので、利用者が増えるかもしれませんね rvcar

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« オーストリア国鉄のKinderKinoとは? | Main | すごい看板! さて、この場所は? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オーストリア国鉄のKinderKinoとは? | Main | すごい看板! さて、この場所は? »