« グラーツ シュロスベルクのリフト | Main | 国債格付け騒動? »

January 18, 2012

謎のピクトグラム 日の丸ではありません

Img_119_12_2951_001

今日は「謎のピクトグラムシリーズ」です。

先日、ÖBBが誇るレールジェットに乗車しましたが、その際、写真のようなピクトグラムを見つけました。

一件、「日の丸」風ですが、もちろん、違います。実は、このマークですが、非常時の脱出に際して、窓を割る際の「目印」なのです。

前後のピクトグラムをご覧になるとわかりますが、レールジェット用の客車は時速200km/hで走行するため、客室の窓は開きません。

Img_119_12_3214_001

そこで、脱出の際は、非常窓を備え付けの特殊ハンマーで破って、脱出口を作るようになっているのです。ただ、全ての窓が該当する訳ではなく、緊急時に脱出しやすい向かい合わせになっている席の窓が非常窓になっています。

恐らく、ガラスも特殊なもので、ハンマーで目印部分を強く叩くと、ガラス全面にヒビが入り、手で押し開けることができるようになっている模様です(試すわけにはいきませんから‥)。

こちらでは、地下鉄などでも、この非常用ハンマーが備え付けられていますが、非常窓が指定されているケースは少ないようです。

まぁ、こういった非常窓のお世話にならないのが一番ですね。なお、外から見ると、全くわからない構造になっていました。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« グラーツ シュロスベルクのリフト | Main | 国債格付け騒動? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« グラーツ シュロスベルクのリフト | Main | 国債格付け騒動? »