« 謎のピクトグラム 日の丸ではありません | Main | 変わったお店シリーズ42 刃物専門店 »

January 19, 2012

国債格付け騒動?

2012_01_13_001

今日は「経済にまつわるお話」です。

日本では1ユーロが100円を切ったとき、テレビで臨時ニュースが出たようですが、その後も、100円台に回復しませんね。これもユーロ不安が原因なのでしょうかね。

ところで、ご存じのようにアメリカの格付け会社スタンダード・アンド・プアーズが1月13日、フランス、オーストリアの国債格付けを最上級のAAAから1段階引き下げました(AA+)。

今までオーストリアはフランス、ドイツとならび最上級の国債格付けを獲得していただけに、こちらでは政財界が大騒ぎ状態‥当然、新聞にも色々な記事が出ていますが、こういう時、気の利いた風刺マンガが登場するのが、こちらの特長。

85016_fe3

クリーエの漫画には地図「AUSTRIA」のAが欠けて「USTRI」に、ファイマン首相もAが欠けてBUNDESKNZLER FYMANNに、アルファベットスープもAがこぼれたりと、今の正解のドタバタぶりを見事に反映していますね。しかし、日本では、こういった気の利いた風刺マンガはあまり見ませんね。

ところで、スタンダード・アンド・プアーズの日本国債格付けはオーストリア国債よりも低いAA-ですよね。こういうところを見ると、オペレッタ国家オーストリアは不思議な国だと思います。

このような経済的な不安要素をかかえる中、政治の世界でもドタバタ劇が展開中。一部報道によると、政府の要職(大臣など)、経験者たちが、在職中に取得した外交官パスポートを辞職後もそのまま所有し、何回も有効期限を延長していたそうです(そもそも、そんなことができるというのが不思議‥ coldsweats01 )。

で、この外交官用パスポートを悪用している人がいるらしいのです。ご存じのように外交官は空港でも手荷物チェックはありません。で、。巨額のユーロ紙幣を税関ノーチェックで移動したとのウワサが‥ただ、証拠が固まらないためか、当局も強制捜査には踏み切れないようです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

経済・政治・国際 |

« 謎のピクトグラム 日の丸ではありません | Main | 変わったお店シリーズ42 刃物専門店 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謎のピクトグラム 日の丸ではありません | Main | 変わったお店シリーズ42 刃物専門店 »