« 氷点下の抗議活動 さて、その対象は? | Main | 正しいウォーキングの仕方、教えます »

February 17, 2012

変わったお店シリーズ46 さて、何のお店でしょうか?

Img_114_08_8993_001

昨晩は、恒例、Opernball(国立歌劇場舞踏会)でした。当然、ORFでも中継されました。今年はアンジェラ・ゲオルギューさんが歌いましたね。

また、デビュタントのダンスは、過去、何十年間もウィーンの名門ダンス学校エルマイヤーが担当していたのですが、3年前から毎年、全国持ち回りでダンス学校が選ばれるようになりました。今年はトルコ移民のご家族が経営しているニーダーエステライヒ州の学校だそうです。さぁ、21日はファッシング(火曜日)、そして「灰の水曜日」。ウィーンの春も、すぐそこです。

さて、今日も前置きが長くなりましたが、今週の「変わったお店シリーズ」は、「謎のお店」のご紹介です。

昨年、ウィナー・ノイシュタットの近くに住む友人ご夫婦と旧市街へ出かけました。一緒に歩行者ゾーンになっている旧市街を散策している時、とある路地で、写真のような看板を見つけ、お互いビックリ。

和服らしきお召し物を着た女性らしき人物が描かれています。周囲に花が描かれているところから、最初は花屋さんかな‥と思ったのですが、どうも雰囲気が違います。

Img_114_08_8994_001

お店の入り口は看板の左側にあったのですが、入り口を見て、すぐに「何のお店」かわかりました。そう、「TEEHAUS INDOLERO」というティーハウスでした。オーストリア人の友人も、興味津々で表から店内をのぞいていたので、よほど珍しかったのでしょう。

Article_003_2

その時は、次の予定があったので店内には入りませんでしたが、後日、調べたところ、なかなか興味深いお店でした。こちらのティーハウスは、いわゆる紅茶系だけではなく、ハーブティーや中国茶や日本茶なども扱っているのですが、ここのお店も同様。

お茶全般、とくにアジア系のお茶をかなり扱っているようです。茶葉の販売だけではなく、店内にはティーサロンもあり、ここでお茶を楽しむことができるお店です。

Article_001

同店のWebサイトを見たら、店内もアジアンテイストです。お茶だけではなく、茶器も扱っているようで、オーナーさんのこだわりがわかります。

このお店ですが、Barbara Schramböck さんというオーナーが2005年1月に開業したようです。お店としての歴史は浅いですが、コンセプトがしっかりしているので、それなりのファン客がいそうです。

Article_002

このティーハウスさんは、時々ウィーナーノイシュタット市内でイベントを開催しているようですが、これもビックリ。どうやら日本のお手前オーストリア版のようなイベントも開いているようです。

さすがに、本格的な茶室が使っている訳ではないので、純日本風という訳にはいきませんが、参加者の皆さまがテーブルを囲んで床に座っているのがご愛敬。なかなか楽しそうなイベントですね。

皆さまもウィーナーノイシュタットに行った際には、訪れてみてはいかがでしょうか happy01

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店 |

« 氷点下の抗議活動 さて、その対象は? | Main | 正しいウォーキングの仕方、教えます »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 氷点下の抗議活動 さて、その対象は? | Main | 正しいウォーキングの仕方、教えます »