« 変わったお店シリーズ45 SCHNITZELHAUS | Main | 寒波襲来、公共交通機関が大活躍 »

February 11, 2012

水道局の緊急車両ですが‥

Img_111_05_7478_001

今日は「水道局の緊急車両」をご紹介しましょう。

どこの都市でも、インフラを維持するために様々な車両が活躍しています。緊急自動車の場合、用途が限られていますから、車両の塗装などは地味なデザインか、黄色などの目立つ色一色というのが一般的だと思います。

さて、以前、ウィーン市内で見つけたのが写真の自動車です。車両はフォルクスワーゲンの商用車ですが、屋根に黄色いパトライトが取り付けられているので、緊急車両として使用されるものだと思います。

Img_111_05_7477_001

写真を見るとおわかりのように車両の側面には「水が波打っている」リアルなイラストが描かれています。ウィーンの水道水はクォリティが高いことで知られていますが、それを表現したようなイラストで、センスの良さを感じさせます。

しかし、緊急自動車に、このようなイラストを描くところがオーストリアらしいところかもしれません。日本だったら、「不真面目だ」といった意見を警戒して、無難なデザインにしてしまいそうです。

ところで、この車を見かけた場所は水道局の施設の前だったのですが、施設前には写真のような巨大なバルブのカットモデルがモニュメントとして置かれていました。

昔、使っていたものだと思いますが、なぜバルブが置かれたのか‥残念ながら理由はよくわかりませんでした。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 変わったお店シリーズ45 SCHNITZELHAUS | Main | 寒波襲来、公共交通機関が大活躍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わったお店シリーズ45 SCHNITZELHAUS | Main | 寒波襲来、公共交通機関が大活躍 »